資料5 児童生徒の自殺の状況

文部科学省
 「平成18年度 児童生徒の問題行動等生徒指導上の諸問題に関する調査」より

児童生徒の自殺の状況

(単位:人)
区分 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63
総数 277 290 288 321 335 380 233 228 199 237 189 215 268 170 175
小学生 10 9 11 10 8 8 6 12 11 14 5 10
中学生 69 79 72 89 91 104 59 74 62 83 66 79 110 54 62
高校生 208 211 216 222 235 265 164 146 129 148 111 125 144 111 103
区分 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18
総数 155 141 121 159 131 166 139 143 133 192 163 147 134 123 138 126 103 171
小学生 1 5 5 3 4 10 3 9 6 4 2 4 4 3 5 4 3 2
中学生 53 35 43 68 40 69 59 41 41 69 49 49 37 36 35 31 25 41
高校生 101 101 73 88 87 87 77 93 86 119 112 94 93 84 98 91 75 128
  • (注1)昭和51年までは公立中・高等学校を調査。昭和52年からは公立小学校、平成18年度からは国・私立学校も調査。
  • (注2)昭和49年から62年までは年間の数、昭和63年以降は年度間の数である。
  • (注3)平成18年度総数の内訳は、国立1人、公立133人、私立37人である。

児童生徒の自殺の状況

自殺した児童生徒の学年別、男女別内訳

(人)
  1年 2年 3年 4年 5年 6年
小学校 0 0 0 0 0 2 2
(男子) 0 0 0 0 0 1 1
(女子) 0 0 0 0 0 1 1
  1年 2年 3年
中学校 5 19 17 41
(男子) 4 14 13 31
(女子) 1 5 4 10
  1年 2年 3年 4年
高等学校 34 37 55 2 128
(男子) 18 22 45 2 87
(女子) 16 15 10 0 41

平成18年度の学年別児童生徒の自殺の状況 

自殺した児童生徒の状況

  小学校 中学校 高等学校
人数
(人)
構成比
(パーセント)
人数
(人)
構成比
(パーセント)
人数
(人)
構成比
(パーセント)
人数
(人)
構成比
(パーセント)
家庭不和 0 0.0パーセント 0 0.0パーセント 6 4.7パーセント 6 3.5パーセント
父母等のしっ責 0 0.0パーセント 1 2.4パーセント 6 4.7パーセント 7 4.1パーセント
学業不振 1 50.0パーセント 1 2.4パーセント 4 3.1パーセント 6 3.5パーセント
進路問題 0 0.0パーセント 5 12.2パーセント 21 16.4パーセント 26 15.2パーセント
教職員との関係での悩み 0 0.0パーセント 0 0.0パーセント 0 0.0パーセント 0 0.0パーセント
友人関係での悩み
(いじめを除く)
0 0.0パーセント 2 4.9パーセント 6 4.7パーセント 8 4.7パーセント
いじめの問題 0 0.0パーセント 5 12.2パーセント 1 0.8パーセント 6 3.5パーセント
病弱等による悲観 0 0.0パーセント 1 2.4パーセント 7 5.5パーセント 8 4.7パーセント
厭世 1 50.0パーセント 3 7.3パーセント 10 7.8パーセント 14 8.2パーセント
異性問題 0 0.0パーセント 2 4.9パーセント 6 4.7パーセント 8 4.7パーセント
精神障害 0 0.0パーセント 2 4.9パーセント 16 12.5パーセント 18 10.5パーセント
その他 1 50.0パーセント 22 53.7パーセント 67 52.3パーセント 90 52.6パーセント
  • (注1)調査対象:国公私立小・中・高等学校
  • (注2)複数回答可とする。
  • (注3)構成比は、各区分における自殺した児童生徒数に対する割合

お問合せ先

初等中等教育局児童生徒課

-- 登録:平成21年以前 --