ここからサイトの主なメニューです

人権教育の指導方法等の在り方について[第一次とりまとめ] おわりに

 本調査研究会議においては、第3節で述べたとおり、今後、各学校の実践事例等を踏まえた具体的な検討を行うこととしており、第2節で示した各視点についてもさらに議論を深めることとしている。
 各学校においては、本調査研究会議の調査研究の成果を十分参考にして、人権教育の指導方法等の改善・充実に努力していただきたい。
 また、学校における人権教育の一層の充実に当たっては、各教育委員会の役割が重要である。具体的には、効果的な研修の実施、地域の実態に応じた優れた実践事例や人権教育の充実により学校全体の改善につながった事例などの情報提供、カリキュラムの作成等に関する実践的な研究の実施及びその成果の普及、家庭・地域との連携や校種間の連携を推進する体制づくりを行うことなど、各教育委員会においては、各学校への指導・助言や支援のさらなる充実及び条件整備に取り組むことを望むものである。
 さらに、国においては、人権教育に関する情報の収集・提供など教育委員会や学校に対する支援の一層の充実及び条件整備を図ることが望まれる。

お問合せ先

初等中等教育局児童生徒課

-- 登録:平成21年以前 --