第3章 平面計画

第1 基本的事項

1 空間構成

(1) 建物内及び建物内外の各空間相互間において,視覚的,感覚的な拡がりなどによる空間的な連続性や,学習活動の連続性などを確保することが望ましい。
(2) 多様な学習集団の構成及び指導体制に柔軟に対応することができるよう学習空間及び管理空間の規模,構成,配置等を適切に計画することが重要である。
(3) 校舎廻りの屋外空間を学習・生活空間に積極的かつ効果的に取り入れた構成とすることが望ましい。
(4) 将来の学級数の変動や学習内容・学習形態等の変化に柔軟に対応することができるよう間仕切り壁の変更や教室等の増改築を考慮した計画とすることが望ましい。
(5) 普通教室の間仕切り壁を容易に移動可能なものとするなど,日常的に展開される多様な学習内容・学習形態に弾力的に対応できる計画をすることが重要である。
(6) 他校の生徒を対象とした通級による指導のための関係室を計画する場合は,来校する他校の生徒,保護者等の利便等を考慮して,利用に供する空間の位置,範囲等を考慮して計画することが重要である。
(7) 教科教室型の場合,校舎及び屋内・屋外運動施設における教科ごとの必要諸室をまとめて配置し,そのブロックごと,その教科の学習に必要な教材・教具等の保管及び多様な学習活動に対応した規模で計画することが重要である。その際,各教科の内容に対応した雰囲気を持つ計画をすることも有効である。
(8) 学校開放の内容,時間帯,地域住民の利用に供する空間の位置,範囲等を考慮して計画することが重要である。
(9) 避難所となる場合は,教育活動を早期に再開するために,避難所機能と教育機能の区画や動線が分けられるよう計画することが重要である。
 なお,避難所となる場合の施設利用計画の策定に当たっては,冷暖房設備の整備された室などを,高齢者,障害者,妊産婦等の要配慮者の専用スペースとして計画することが重要である。
(10) 各室・空間において,コンピュータ等の情報機器の活用が可能となるよう校内の情報ネットワークを計画とすることが重要である。その際,無線による校内の情報ネットワークの導入を検討することも有効である。
(11) 中等教育学校の各室については,できる限り共用とし,規模,設備等の充実を図り計画することが望ましい。また,前期課程専用の室とする場合であっても,後期課程の同教科・同種類の教室・施設と連携して計画することが望ましい。
(12) 中学校と高等学校が同一敷地内に設置された併設型の中高一貫教育校の教室及びその他の各室については,共有化を検討し,規模,設備等の充実を図り計画することが望ましい。また,中学校専用の室とする場合であっても,高等学校の同教科・同種類の教室・施設と連携して計画することが望ましい。
(13) 社会教育施設や高齢者福祉施設等との複合化を計画する際には,地域住民等との交流を考慮して計画することが重要である。
(14) 学校施設を高層化する場合にあっても,生徒が常時使用する頻度の高い普通教室を高層階に設けないよう計画することが重要である。

2 動線等

(1) 生徒の各集団,教職員,学校開放における利用者,外部からの訪問者などが,まとまりのある活動空間を通り抜けることなく,それぞれの必要に応じ円滑に移動することができるよう明確な動線を設定することが重要である。
(2) 可能な限り簡明で遠回りとならない動線を設定することが重要である。特に,教科教室型の場合は,全校的な移動に十分対応できるよう,各教科の教室・施設群,ホームベース,ロッカースペース等の間の動線に留意した配置計画とすることが重要である。
(3) 多人数を同時に収容する室等を避難階以外の階に計画する場合は,非常時の迅速な避難のために複数の避難経路を確保する等,避難経路の設定に十分留意することが重要である。
(4) 津波等災害時の緊急避難場所である高台や津波避難ビル,校舎等の屋上等までの避難経路を可能な限り短縮するよう計画することも有効である。
(5) 校舎等建物の屋上や上層階に津波等からの緊急避難場所が配置される場合においては,想定される津波等の水位以上の高さにすることが重要である。なお,校舎等の上層階を緊急避難場所とする場合も,段階的な避難を可能とするため,屋上への避難階段を整備しておくことが望ましい。
(6) 教材,教具等の運搬や配食などを安全かつ円滑に行うことができるような動線を設定することが重要である。
(7) 廊下等の移動経路は,その上・下部の空間が各種設備の配管,配線等の有効な設置空間ともなることを考慮して設定することが望ましい。
(8) 他校の生徒を対象とした通級による指導のための関係室を計画する場合には,来校する生徒,保護者等が,学校内のまとまりのある活動空間を遮ることなく円滑に移動することができるような動線を設定することが重要である。また,来校する生徒,保護者等の動線が,在籍している生徒と交錯しないように区分したり,専用の昇降口を設けたりするなど,独立した動船を設定することが望ましい。
(9) 1階等に開放的な渡り廊下を設ける場合には,不審者の侵入に対する安全性の確保を図ることが重要である。
(10) 社会教育施設や高齢者福祉施設等との複合化について計画する場合は,地域住民等の利便性と学校との交流,運営管理上の機能を考慮して計画することが重要である。
(11) 学校施設を高層化する場合は,生徒の教育活動が制限を受けたり,支障を生じないように計画することが重要である。

第2 学習関係諸室

1 共通事項

(1) 生徒が各学年段階に応じて学習・生活のために必要な空間を確保できるよう特別教室型,教科教室型等の運営方式に応じて,適切な室構成・空間配分及び位置を計画することが重要である。
(2) 総合的な学習等に対応し,普通教室,多目的教室,特別教室,共通学習空間,教材・教具の作成・収納空間等を機能的な連携に配慮して配置を計画することが望ましい。
(3) 総合的な学習や選択学習に対応できるよう,多様な学習集団に対応できる空間を複数用意したり,教室等を再構成し,又は分割して使用できる弾力的な空間として計画することが望ましい。
(4) 視聴覚室,コンピュータ室,図書室等,問題解決的な学習等における生徒の主体的・積極的な利用を促す諸室については,普通教室,多目的教室等と機能的な連携に配慮して配置を計画することが望ましい。
(5) 教室は,当該地域の気候風土や気候の季節的変化も考慮し,日照,採光,通風等の良好な環境条件を確保することのできる方位及び位置に設定することが重要である。
(6) 奥行きの深い空間や面積の広い空間は,採光,換気,音響等の環境条件の確保に特に留意して規模,位置等を計画することが重要である。

2 普通教室

(1) 日照,採光,通風等の良好な環境条件の確保に十分留意し,位置,方位等を計画することが重要である。
(2) 特別教室型の場合,同一学年の普通教室は,同一階及び同一区画にまとめて計画することが重要である。また,各学年の学級数が増減した場合においても学年ごとの空間的なまとまりを崩すことのないよう容易に教室等を増築し,室種類を転換することなどが可能な計画とすることが望ましい。
(3) 教科教室型の場合,それぞれの教科の学習に適した規模,形状,設備,家具等について計画された教室と各教科ごとの多目的スペース・メディアスペースや,各教科の教材・教具の作成・収納空間,各教科ごとの教師コーナー等をまとめて配置することが重要である。
(4) 同一区画にまとめた同一学年の空間あるいは教科ごとにまとめた空間が全体の通過動線部分とならないよう計画することが重要である。
(5) 教科教室型の場合においては,特別教室型における普通教室に代わる生徒の持ち物の置き場,学級活動を行う場等としてホームベース等の専用の空間を計画することも有効である。
  なお,その際には,生徒の使用する諸室との関連を考慮し計画することが重要である。
(6) 「特別の支援を必要とする生徒のための指導上必要なその他の空間」との関連を考慮して計画することが望ましい。
(7) 障害のある生徒が通常の学級に在籍することがあることを踏まえ,必要に応じ,後述の「4 特別支援学級関係室」や「5 通級による指導のための関係室」の内容を準用する。

3 多目的教室

(1) 他の学習空間との役割分担及び機能的な連携を十分検討し,予定する学習内容・学習形態等に応じ,適切な規模,構成等とするとともに多様な教育活動に柔軟に対応できる多目的教室を計画することが重要である。
(2) ホール状の多目的教室を設ける場合には,利用する集団の規模等に対して十分な広さの空間を確保し,学年あるいは全校から利用しやすい位置に計画することが重要である。
(3) 全校の学習・メディアセンターとしての機能を計画する場合は,必要な学習教材の配置,利用する生徒の数,学習形態等に対して十分な規模の空間を利用しやすい位置に計画することが望ましい。
(4) 教科ごとの学習・メディアセンターとしての機能を計画する場合は,教材・教具の配置,利用する集団の規模,学習形態等に対し十分な広さの空間を教科のまとまりの中に計画することが望ましい。
(5) 多目的教室の音響及び多目的教室を介在した隣接教室間の音の伝搬等について配慮した計画とすることが望ましい。

4 特別支援学級関係室

(1) 特別支援学級※関係室の計画に当たっては,生徒の障害の状態や特性等に応じ,特別支援学校施設整備指針を準用する。
  ※特別支援学級・・・・障害の比較的軽い児童生徒などのために小学校又は中学校に障害の種別ごとに設置することが可能な少人数の学級。
(2) 障害の状態に応じた教科指導や,障害の状態の改善・克服を目的とする指導等の多様な学習活動等に柔軟に対応できる空間を確保することが重要である。
(3) 普通教室,多目的教室等必要な空間を確保するとともに,各空間相互の連携に留意し,まとまりのある区画として計画することが重要である。
(4) 障害の特性を考慮し,十分な安全性を確保することのできる位置に計画することが重要である。
(5) 環境条件が学習・生活面へ及ぼす影響が通常の生徒に比較して大きいことに留意し,特に良好な環境を確保することのできる位置に計画することが重要である。
(6) 障害のない生徒との交流及び共同学習への対応を考慮し,他の普通教室,多目的教室,生活・交流空間等との関連に留意して計画することが重要である。
(7) 職員室及び保健室との連絡,便所等との関連に十分留意して位置を計画することが重要である。
(8) 各障害に対応した教室を計画する場合は,以下の点に留意することが重要である。
 1 言語障害に対応した教室とする場合,正確な発音を聞いて正しい構音の仕方を学習したり,リラックスして会話を進めたりすることに留意し,十分かつ適切な照度を確保できるように計画することが重要である。
 2 自閉症・情緒障害に対応した教室とする場合で,情緒障害への対応が必要な場合は,心理的な不安定さを考慮して,安心してリラックスできる落ち着いた環境を確保することが重要である。
  また,自閉症等への対応が必要な場合は,外部からの刺激によるパニック等に十分配慮し,生徒が落ち着いて安心して学びやすいよう,可能な限り騒音や雑音,視覚的な刺激を避け得る位置に計画するとともに,落ち着きを取り戻すための空間を確保することも重要である。

5 通級による指導のための関係室

(1) 通級による指導のための関係室の計画に当たっては,生徒の障害の状態や特性等を踏まえ,必要に応じ,特別支援学校施設整備指針又は前述の「4 特別支援学級関係室」の内容を準用する。
(2) 障害による学習上又は生活上の困難の改善・克服を目的とする指導や,障害の状態に応じて各教科の内容を補充するための特別の指導等の多様な学習活動等に柔軟に対応できる空間を確保することが重要である。
(3) 自校又は他校からの通級による指導の実施状況及び利用人数等を踏まえ,適切な数の個別学習室を計画するとともに,小集団による指導が可能な多目的室・プレイルーム,保護者控室・相談室,管理関係室,専用の便所等の関連室・空間をまとまりを持たせて計画することが重要である。
(4) 通級による指導を受ける生徒の障害の特性を考慮し,十分な安全性を確保することのできる位置に計画することが重要である。
(5) 環境条件が学習・生活面へ及ぼす影響が障害のない生徒に比較して大きいことに留意し,十分に良好な環境を確保することのできる位置に計画することが重要である。
(6) 各障害に対応した教室を計画する場合は,以下の点に留意することが重要である。
 1 言語障害に対応した教室とする場合,正確な発音を聞いて正しい構音の仕方を学習したり,リラックスして会話を進めたりすることに留意し,十分かつ適切な照度を確保できるように計画することが重要である。
 2 自閉症やADHD等に対応した教室とする場合,外部からの刺激によるパニックや多動・衝動性等に十分配慮し,生徒が落ち着いて安心して学びやすいよう,可能な限り騒音や雑音,視覚的な刺激を避け得る位置に計画するとともに,落ち着きを取り戻すための空間を確保することが重要である。
 3 情緒障害に対応した教室とする場合,心理的な不安定さを考慮し,安心してリラックスできる落ち着いた環境を確保することが重要である。
 4 弱視に対応した教室とする場合,静寂さや適切な照度を確保できるよう計画することが重要である。
 5 難聴に対応した教室とする場合,補聴器の利用等に配慮し,可能な限り騒音や雑音を避け得る位置に計画することが重要である。また,相手の手や口の形,顔面の筋肉の動きなどにより相手の言葉や表情,指文字や手話等を読み取りながら,学習等が進められることに留意し,十分かつ適切な照度を確保できるように計画することが重要である。なお,必要に応じて聴力検査のための空間を計画することが望ましい。
 6 肢体不自由や病弱等に対応した教室とする場合,車いすや補助用具を使用しての利用に十分留意して,安全かつ円滑な移動が可能となるよう計画することが重要である。

6 特別の支援を必要とする生徒のための指導上必要なその他の空間

  通常の学級に在籍する情緒障害,自閉症やADHD等の障害のある生徒が落ち着きを取り戻すことのできる小規模な空間を普通教室等に隣接又は近接して計画することが望ましい。なお,個別学習や小集団による学習のための空間として計画することも有効である。

7 特別教室

(1) 利用が予定される学年や利用形態に応じ,普通教室等からの移動,特別教室又は教科教室相互間の移動を行いやすいよう計画することが重要である。
(2) 実験・実習等の準備,資料等の作成,教材・教具等の保管等の場として特別教室又は教科教室に隣接する準備室あるいは特別教室又は教科教室内部の準備コーナーを設けることが重要である。
(3) 同一教科又は関連性の強い教科の特別教室又は教科教室及びその関連する準備室,附属室等は,相互の連携を図り教科の内容にふさわしい環境を構成するため,まとまりのある区画として計画することが望ましい。
(4) 教科内容に応じ,屋外施設と容易に連携することのできる配置とすることが重要である。
(5) 学習活動に伴い騒音,振動,臭気等を発生する教室は,他の空間に過度の影響を与えないよう留意して配置することが重要である。
(6) 学校の規模や教育内容・教育方法等に応じて,複数の教科での共用も考慮し,また,使用率の低い室が可能な限り生じないよう,空間の機能を適宜集約し多目的に利用することのできる空間として計画することが望ましい。
(7) 各教科における多様な学習形態による学習の実施に弾力的に対応することができるよう多目的教室と連携させる計画も有効である。
(8) 学校の規模,学習内容・学習形態及び地域住民の利用等を考慮し,特別教室の種類,配置等の構成を工夫して計画することも有効である。

8 図書室

(1) 利用する集団の規模等に対して十分な広さの空間を確保するとともに,各教科における学習活動等において効果的に活用することができるよう普通教室等からの利用のしやすさを考慮しつつ,生徒の活動範囲の中心的な位置に計画することが重要である。
(2) 図書,コンピュータ,視聴覚教育メディアその他学習に必要な教材等を配備した学習・メディアセンターとして計画することも有効である。
(3) 学習・研究成果の展示のできる空間を計画することも有効である。

9 その他の共通学習空間

(1) 利用内容に応じ必要な規模を確保するとともに,学年ごとの利用状況も考慮しつつ,普通教室等から利用しやすい位置に配置することが重要である。
(2) 各教科における多様な学習内容に対応することができるよう特別教室又は教科教室との機能的な連携を考慮して計画することが望ましい。
(3) 相互に隣接させ又は近接させて配置し,各種の設備,教材,教具等を適宜集約配備し,多目的に利用することのできる学習・メディアセンターとして計画することも有効である。
(4) 図書,コンピュータ,視聴覚教育メディア等を共通学習空間に分散して配置する場合は,役割分担を明確にし,相互の連携に留意して計画することが重要である。
(5) 学習・研究成果の発表やその展示のできる空間を計画することも有効である。

10 教材・教具の作成・収納空間

(1) 教材・教具の種類,数量等に応じた必要な規模を確保するとともに,適切な運搬経路を確保することのできる位置に計画することが重要である。
(2) 生徒の自主的な利用も考慮しつつ,教材等の作成の機能を備えた教材・教具の作成・収納空間を,図書室,視聴覚教室,多目的教室等と連携した空間として計画することも有効である。
(3) 教材などの複写,印刷等を行う専用のスペースを,学習関係諸室のまとまりの中に配置することも有効である。

11 その他の学習関係諸室

(1) 教育相談室は,出入りが容易で,かつ,静かで落ちついて相談することのできる位置とするなど配置に十分留意して計画することが重要である。なお,必要に応じ,教育相談室とは別に生徒指導上の対応のための空間を職員室に近い位置に計画することも有効である。
(2) 生徒会や委員会活動等のための特別活動室は,他の室・空間における活動を考慮しつつ,必要となる規模の空間を適切な位置に計画することが重要である。
(3) 放送室は,教職員だけでなく生徒の利用にも便利な位置に計画することが望ましい。
(4) 放送室は,運動場等を見渡し,また,教材作成の機能を備えた教材・教具の作成・収納空間や視聴覚教室と連携することができるよう計画することも有効である。
(5) 部室を計画する場合は,屋内運動施設,屋外運動施設及び関係する特別教室との連絡のよい位置に計画することが重要である。
(6) 外国語指導助手(ALT)や地域との関わりを持った多様な活動に対応するための非常勤講師や学校支援ボランティア等の控室についても計画することが望ましい。

第3 屋内運動施設

1 共通事項

(1) 教科体育,体育的行事,部活動及び学校開放等における各種の運動に必要な規模等を確保するとともに,必要に応じ,避難所等としての利用に配慮した計画とすることが重要である。
(2) 校舎との連絡のよい位置に計画することが重要である。特に,教科教室型の場合は,保健体育の学習に対応する屋内運動場,武道場,保健体育教室や,保健体育科のメディアスペース,教材・教具の作成・収納空間,教師コーナー等をまとめて配置することも有効である。
(3) 出入口及び便所,更衣室,シャワー室等の附属施設は,学校教育活動においてはもちろん学校開放時にも利用しやすいような規模,位置等を計画することが重要である。

2 屋内運動場

(1) 雨天時の利用を考慮しつつ,同時使用学級数に留意し,教科体育,クラブ活動,部活動等の内容などに応じ,必要な規模を計画することが重要である。また,同時使用時においても,相互の学習の効果を減じないよう遮音性等も考慮した計画とすることが有効である。
(2) 通風,換気及び自然採光を十分確保するとともに,適切な室温を確保するように計画することが重要である。
(3) 更衣室,便所,運動器具庫等の附属施設と一体的に計画することが重要である。
(4) 儀式的行事,学芸的行事,各種集会,学習・研究成果の発表等における利用を予定する場合は,必要な規模のステージ,控え室等の空間を確保することが望ましい。また,必要に応じ各種情報機器の利用にも配慮することが有効である。
(5) 屋外運動施設と移動しやすく,かつ,相互に見渡すことのできる位置に計画することが望ましい。
(6) 器械運動や球技等を行うスペースとは,別にトレーニングルームを計画することも有効である。
(7) 津波等災害時に,屋内運動場を避難所等として利用するために,上層階に計画することも有効である。その場合には,日常の教育活動に支障を生じない動線計画とするとともに,避難者が円滑に避難できるよう階段の位置等を計画することが重要である。

3 武道場

(1) 柔道及び剣道を行う専用の空間を独立性を確保して設置することが望ましい。
(2) 屋内運動場と一体的に又は隣接させて,屋外運動施設と移動しやすく,かつ,相互に見渡すことのできる位置に計画することが望ましい。
(3) 更衣室,便所,防具置き場等の附属施設を一体的に計画することが望ましい。
(4) 練習中の発声,衝撃等の校舎などへの影響に十分留意して計画することが重要である。

4 屋内プール

(1) 利用の内容に応じ,必要な規模を確保することが重要である。
(2) 通風,換気及び自然採光を十分確保することのできる位置に計画することが重要である。
(3) 更衣室,便所,シャワー室等の附属施設と一体的に計画することが重要である。

第4 生活・交流空間

1 共通事項

(1) 学習関係諸室等の他の空間と移動しやすい位置に計画することが重要である。
(2) ゆとりを感じるような空間を構成することのできる規模を計画することが望ましい。
(3) 学校開放を実施する際に,地域住民等の利用者も活用することができるよう開放空間,クラブハウス等との位置関係に留意し,利用しやすい位置に計画することが望ましい。

2 ホール,ラウンジ等

(1) 学習活動及び交流活動の効果的な実施に必要な規模を確保し,利用しやすい位置に計画することが重要である。
(2) 短い時間にも生徒が気軽に休憩,談話等に利用することのできるようラウンジや小空間等を配置することも有効である。
(3) 類似した機能を有する空間との連携を考慮して計画することも有効である。

3 食堂,ランチルーム等

(1) 利用方法等を考慮し,適切な規模のスペースを適切な位置に計画することが重要である。
(2) 家庭教室の調理に係る実習のための空間と連携させて配置することも有効である。
(3) 窓等から植栽を眺めることができるなど良好な環境に計画することが望ましい。
(4) 多目的かつ多機能な空間として,学習諸室と関連づけて計画することも有効である。

4 調理室,配膳室等

(1) 食堂・ランチルーム等の食事のための空間に近接させて計画することが重要である。
(2) 騒音,異臭等により学習活動等に支障を及ぼすことなく,また,外部から車等の進入しやすい位置とすることが重要である。
(3) 食中毒の原因となる雑菌等の発生を抑制し,衛生管理を行い易い施設として計画することが重要である。
(4) 調理室又は給食センター等から各階・各教室へ配膳する間の保管場所については,異物混入等を防ぐため,施錠等も含め計画することが重要である。

第5 共通空間

1 昇降口

(1) 始業時,終業時等における利用人数に応じ,十分な規模の昇降口を計画することが重要である。なお,学校規模等に応じ,昇降口を分散して計画することも有効である。また,学校開放用の昇降口については,学校開放を行う諸室との関連性を考慮した位置に,利用人数に応じた規模を計画することが重要である。
(2) 校舎内の生徒の学習・生活の中心となる空間との連絡がよく,上履きと下履きの動線が交差することなく,かつ,校舎等の周囲を迂回せず屋外運動場へ出やすい位置に計画することが重要である。
(3) 風,積雪等地域の気候的特性に留意し,位置及び出入りの向きを計画することが重要である。
(4) 昇降口の前面に降雨時,降雪時等における傘の利用を考慮した空間を確保することが重要である。
(5) 他校から来校する生徒や保護者等のための昇降口を設置する場合は,来校する生徒や保護者等が立ち寄りやすい位置で,通級による指導のための学習室等の関係諸室との関連性を考慮した位置に,利用人数に応じた規模を計画することが重要である。

2 便所

(1) 生徒の分布の状況及び動線を考慮し,生徒が利用しやすい位置に,男女別に計画することが重要である。また,障害のある生徒,教職員及び学校開放時又は避難所開設時の高齢者,障害者等の要配慮者の利用を踏まえた便所を計画することが重要である。
(2) 特別支援学級,保健室等に近接した位置にもそれぞれ計画することが望ましい。
(3) 教職員用や外来者用の便所は,生徒用とは別に,適切な位置に計画することが重要である。また,学校給食従事員の便所は,専用のものを計画することが重要である。

3 廊下,階段等

(1) 安全かつ円滑な動線としての機能を確保できるよう規模,配置等を計画することが重要である。
(2) 生徒の交流の場や作品等の展示などの場としての利用も考慮し,規模,空間構成等を計画することも有効である。
(3) エレベーターを設ける場合は,必要な規模のエレベーターホール等の空間を,適切な位置に計画することが重要である。その際,階段との位置関係に留意することが重要である。

4 ロッカースペース

(1) 特別教室型の場合においては,各学級ごとの普通教室内又は普通教室に近接した位置にコーナーとして計画することが望ましい。
(2) 教科教室型の場合においては,全校の校内動線の中心的な位置に計画することが望ましい。なお,ロッカーの置かれたホームベースを設けるときは,その区画の中に計画することも有効である。

5 その他

(1) 生徒の生活用諸施設・設備のための空間は,校内の必要な場所に分散し,まとまりのあるコーナーとして計画することが重要である。
(2) 足洗い場は,主要な出入口に近接した位置に計画することが望ましい。
(3) 生徒更衣室は,生徒の利用しやすい位置に,男女別に計画することが重要である。

第6 クラブハウス(保護者や地域住民との連携協力の場)

1 共通事項

(1) 学校・家庭・地域社会が連携協力するための情報提供や連絡調整の場,PTA活動の拠点となる場,地域の人々がボランティア活動の拠点として活用する場,総合型地域スポーツクラブの活動の拠点となる場として計画することが重要である。
(2) 地域住民への開放時の管理体制を明確に設定し,学校教育における利用,校舎又は屋内運動施設との役割分担等も考慮しつつ,開放状況等に応じ,室種類を適切に設定し,必要な規模を確保することが望ましい。
(3) 外部からの出入りに便利で,開放する特別教室,屋内外の運動施設等と連絡の良い位置に計画することが重要である。
(4) 開放する特別教室,屋内外の運動施設等からの連絡に留意しつつ,総合的に利用することのできる独立した施設として計画することも有効である。
(5) 地域の避難所となる場合には,防災担当部局と連携して,必要に応じ,備蓄倉庫を併設することが重要である。

2 地域・学校連携促進型のクラブハウス

(1) 学習関係諸室,生活・交流空間等との位置関係に留意するなど校舎全体の室・空間の配置と一体的に計画することが重要である。
(2) 地域住民のボランティア活動等による学校支援の取組や保護者・地域住民が学校運営を支援する取組などにおける利用を考慮し,ボランティア等の控室を計画することが望ましい。
(3) 学校教育等に支障を生ずることのないよう開放時の動線及び非開放部分の区画を適切に設定しつつ,位置等を計画することが重要である。

3 体育施設開放促進型のクラブハウス

(1) 外部から分かりやすい位置に計画することが重要である。
(2) 更衣室,便所,シャワー室等の附属施設を学校教育と兼用するよう計画することも有効である。なお,この場合においては,器具庫については開放専用のものを計画することが望ましい。
(3) 屋外運動施設開放用のクラブハウスは,開放時に使用する器具等を円滑に出し入れすることのできる位置に計画することが重要である。

第7 児童生徒地域交流施設

1 共通事項

(1) 生徒相互及び教師と生徒間等の交流を促進するとともに,地域住民との学習・文化活動や交流を推進するために必要な諸室について,集団宿泊を行う規模等を考慮し計画することが重要である。
(2) 外部からの出入りに便利な位置に計画することが重要である。

第8 講堂

1 共通事項

(1) 儀式的行事,学芸的行事,各種集会,学習・研究成果の発表等の場であるとともに,地域に開かれた学校という観点から,地域住民の芸術・文化活動に活用される講堂として,利用目的,利用人数等を考慮し,適切な規模と附属施設を確保することが望ましい。
(2) 外部からの出入りにも便利な位置に計画することが重要である。
(3) 校舎間との移動について十分な動線を確保できることが重要である。

第9 管理関係室

1 共通事項

(1) 管理関係室は,学習関係諸室等と移動しやすい位置に,まとまりのある空間として計画することが重要である。
(2) 学校規模等に応じ,各室の必要性,利用率等を勘案し,適宜統合して計画することも有効である。
(3) 学校運営などの将来における変動等に対応することのできる弾力的な空間として計画することも有効である。

2 教職員諸室

(1) 校務,教務等の執務内容や各種教材等の保管を考慮し,必要な規模の空間を確保することが重要である。
(2) 相互に機能的な連携を確保することができるよう適切な位置関係を計画することが重要である。
(3) 職員室は,屋外運動場,アプローチ部分などの見渡しがよく,校内各所への移動に便利な位置に計画することが重要である。
(4) 職員室は,学習関係諸室等に近い位置に計画することが望ましい。
(5) 普通教室又は特別教室若しくは教科教室の区画の中又は多目的教室と隣接した位置に教師コーナー等の空間を分散して配置することも有効である。なお,この場合においては,中央の職員室との機能分担及び相互の連絡に留意して計画することが重要である。
(6) 事務室は,校長室,職員室,外来者用玄関,受付等との連絡のよい位置に計画することが重要である。
(7) 主事室は,校長室,事務室,サービスエリア等との連絡のよい位置に計画することが重要である。

3 保健室

(1) 静かで,良好な日照,採光,通風などの環境を確保することのできる位置に計画することが重要である。
(2) 特に屋内外の運動施設との連絡がよく,生徒の出入りに便利な位置に計画することが重要である。
(3) 救急車,レントゲン車などが容易に近接することのできる位置に計画することが重要である。
(4) 職員室との連絡及び便所等との関連に十分留意して位置を計画することが望ましい。
(5) 健康に関する情報を伝える掲示板を設定するなど,健康教育の中心となるとともに,生徒のカウンセリングの場として,生徒の日常の移動の中で目にふれやすく,立ち寄りやすい位置に計画することが望ましい。

4 受付

 防犯上の観点から,外部からの来訪者を確認し,不審者を識別できるようにするため,運営体制を考慮した上で,来訪者の使用する門に隣接した場所や建物の出入口付近等の分かりやすい位置で,職員室や事務室等に隣接した位置又はその一部に,来訪者応対用の受付を設置することが重要である。

5 倉庫,機械室等

(1) 倉庫は,収納し,管理する物品等の現況及び将来の需要を十分検討し,物品の種類に応じ,必要となる空間を確保することが重要である。
(2) 各倉庫は,収納し,管理する物品等を使用する場所と連絡のよい位置にそれぞれ計画することが望ましい。
(3) 備蓄倉庫を整備する場合には,防災担当部局と連携して,想定される災害に対して安全な場所に設置するとともに,必要な食料や毛布などの備蓄に必要となる空間を確保することが重要である。
(4) 機械室,電気室等は,生徒の学習・生活空間から離れ,サービスエリアから連絡のよい位置に計画することが望ましい。

お問合せ先

大臣官房文教施設企画部施設企画課

指導第一係
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線2291),03-6734-2291(直通)

(大臣官房文教施設企画部施設企画課)

-- 登録:平成26年08月 --