第3章 平面計画

第1 基本的事項

 1 空間構成

(1) 多様な学習内容・形態の変化や弾力的な指導体制,将来の学級数の変動等に柔軟に対応できるよう,将来の模様替えやゾーニングの再編を考慮した空間構成とすることが重要である。
(2) 普通教室の間仕切り壁を容易に移動可能なものとするなど,日常的に展開される多様な学習内容・形態に弾力的に対応できる計画とすることが望ましい。その際,各種教材・教具等の収納に配慮して計画することが望ましい。
(3) 幼稚部,小学部,中学部又は高等部の各部のまとまりや類似する機能を有する室・空間のまとまりに配慮して計画することが重要である。また,各部間で共同利用する室・空間を利用しやすい位置関係に配慮して計画することが重要である。
【視覚障害又は聴覚障害に対応した施設】:臨床実習等で利用する室・空間を利用しやすい位置関係に配慮して計画することが重要である。
(4) 複数の障害に対応した施設とする場合は,各々の教育課程や障害の特性等に応じ,各々の利用する室・空間のまとまりに配慮して計画することが重要である。また,共同利用する室・空間においては,各々の利用の妨げとならず,全体として効率的に利用しやすい構成・配置等を計画することが重要である。
(5) 安全かつ円滑な移動を可能とするようバリアフリー化を図ることが重要であり,同一階においては段差を設けず,平面移動が可能な計画とすることが重要である。やむを得ず段差が生じる場合は,適切なスロープ等を設置することが重要である。
(6) 教育活動全体を通じた自立活動の内容・方法や学習・生活集団の構成等に応じ,それぞれの教育活動において利用する室・空間の相互のつながりやまとまりに留意して平面的・立体的な構成,配置等を計画することが重要である。
その際,車いすや補助用具など多様な移動方法に十分留意し,安全かつ円滑な移動が可能となるように計画することが重要である。
【視覚障害に対応した施設】:幼児児童生徒がわかりやすく,かつ,記憶しやすい空間構成となるよう配慮することが重要である。
【聴覚障害に対応した施設】:集団補聴システム・補聴器の利用等に配慮し,可能な限り騒音や電波等の混信を避け得る位置に計画することが重要である。その際,計画する室・空間については,漏洩,混信,雑音等の防止・低減や利用範囲の設定に留意して計画することが重要である。
【病弱に対応した施設】:病気の種類等に適した環境の構成に留意することが重要である。また,明るく家庭的な雰囲気づくりにも配慮することが望ましい。
(7) 幼児児童生徒が自然環境に親しみやすくするため,建物内外の各空間相互に,視覚的,感覚的な連続性を確保することが望ましい。また,現存する森,樹木,池等や自然の傾斜等を有効に活用した計画とすることも有効である。
(8) 各室・空間の計画において,幼児児童生徒が,能力を最大限活用して自主的,自発的に学習や生活ができるよう配慮することが重要である。特に,幼稚部,小学部においては,各室・空間の広さ,形等に変化を持たせるように配慮することが望ましい。
(9) 建物内部から利用できるバルコニー,テラス,屋上その他の空間を,安全管理面等に十分留意しつつ,効果的に学習や生活に活用できるよう設置することが望ましい。
情緒障害や自閉症,ADHD等の障害を併せ有する幼児児童生徒に対応した施設とする場合は,パニックや多動・衝動性等に配慮し,安全管理面に特に留意しつつ設置することが重要である。
(10) 地域の小・中学校等との交流及び共同学習における施設の利用や,地域住民の学習活動等に積極的に対応できるよう,空間の構成,配置等を計画することが望ましい。
(11) 避難所となる場合は,教育活動を早期に再開するために,避難所機能と教育機能の区画や動線が分けられるよう計画することが重要である。
なお,避難所となる場合の施設利用計画の策定に当たっては,冷暖房設備の整備された室などを,高齢者,障害者,妊産婦等の要配慮者の専用スペースとして計画することが重要である。
(12) 教科教室型の運営の場合,教室間等の移動,空き時間など生徒の授業時間外の居場所,持ち物の取り扱い,情報伝達やホームルーム活動の方法,教員室の配置等に十分留意して空間を構成することが重要である。
(13) 情報化の進展に対応するため,各室・空間において,障害の特性等に応じた情報保障を図るよう,また,学習活動に利用できるよう,コンピュータ等の情報機器や校内の情報ネットワークの導入に配慮した計画とすることが重要である。その際,情報機器や情報ネットワークの将来の更新,増設等も考慮して計画することが重要である。また,無線による情報ネットワークの導入を検討することも有効である。
(14) 学習・生活空間は,当該地域の気候風土や気候の季節的変化も考慮し,日照,採光,通風,換気,室温,音の影響等に配慮した良好な環境条件を確保できる方位及び位置に設定することが重要である。
特に,情緒障害や自閉症,ADHD等の障害を併せ有する幼児児童生徒に対応する場合は,外部からの刺激によるパニックや多動・衝動性等に十分配慮し,可能な限り騒音や雑音を避け得る位置に計画することが重要である。
また,言語障害を併せ有する幼児児童生徒に対応する場合は,主となる障害の特性に配慮しつつ,正確な発音を聞いて正しい構音の仕方を学習したり,リラックスして会話を進めたりすることに留意し,十分かつ適切な照度を確保できるよう計画することが重要である。
【視覚障害に対応した施設】:静寂さや十分な採光を確保できるよう計画することが重要である。
【聴覚障害に対応した施設】:集団補聴システム・補聴器の利用等に配慮し,可能な限り騒音や電波等の混信を避け得る位置に計画することが重要である。また,口の形や顔面の筋肉の動き,手の動きなどにより相手の言葉や表情,指文字,手話等を読みとりながら学習等が進められることに留意し,十分かつ適切な照度を確保できるように計画することが重要である。
【病弱に対応した施設】:病気の種類等に応じた日照,採光,通風等の適切な環境条件に留意することが重要である。
(15) 奥行きの深い空間や面積の広い空間,天井高さが低い空間においては,採光,換気,室温,音響等の環境条件の確保に特に留意して規模,位置等を計画することが重要である。その際,天井高さと空間の広さとのバランスなどを考慮しつつ,居心地のよさや落ち着き感に配慮して計画することが重要である。
(16) 社会教育施設や福祉施設等との複合化を計画する際には,地域住民等の利便性や相互の交流等を考慮して計画することが重要である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:病院等と併置する場合は,病院等との日常的な往来に十分配慮した空間の構成,配置とすることが重要である。
(17) やむを得ず学校施設を高層化する場合にあっても,幼稚部,小学部及び中学部の幼児児童生徒が常時使用する普通教室を高層階に設けないよう計画することが重要である。

2  動線等

(1) 建物内での自分の位置を認知・把握しやすくするとともに,教職員が幼児児童生徒の行動を見通せるように,明確な空間の構成,配置とすることが重要である。
(2) 幼児児童生徒,教職員に加え,学校開放における利用者,地域の小・中学校等との交流及び共同学習のため来訪する他校の幼児児童生徒,外部からの訪問者等が,学校内のまとまりある活動空間を通り抜けることなく,それぞれの必要に応じ円滑に移動できるよう,明確な空間の構成,配置とすることが重要である。
(3) 複数の障害に対応した施設とする場合には,相互の交流に留意しつつも,各々の日常的な動線が交錯しないような空間の構成,配置とすることが重要である。
(4) 災害時の避難経路は,段差がなく明確な動線としつつ,幼児児童生徒が日常的に利用している経路と同一になるよう配慮するとともに,運営面でのサポート体制と連携し,幼児児童生徒が安全かつ円滑に避難できるように配慮した計画とすることが重要である。
(5) 多人数を同時に収容する室等を避難階以外の階に計画する場合や,やむを得ず高層化する場合は,非常時の迅速な避難のために複数の避難経路を確保する等,その避難経路の設定に十分留意することが重要である。
また,避難行動が困難である幼児児童生徒のために,水平移動により,一旦,より安全な場所に避難できる計画とすることも有効である。
(6) 津波等災害時の緊急避難場所である高台や津波避難ビル,校舎等の屋上等までの避難経路を可能な限り短縮するよう計画することも有効である。
(7) 校舎等建物の屋上や上層階に津波等からの緊急避難場所が配置される場合においては,想定される津波等の水位以上の高さにすることが重要である。なお,校舎等の上層階を緊急避難場所とする場合も,段階的な避難を可能とするため,屋上への避難階段を整備しておくことが望ましい。
(8) 教材,教具等の運搬や配食などを安全かつ円滑に行うことができるような動線を設定することが重要である。
(9) 廊下等の移動のための空間は,その上・下部の空間が各種設備のための配管,配線等の有効な設置空間ともなることを考慮して設定することが望ましい。
(10) 動線計画では,不審者の侵入に対する安全性の確保を図ることが重要である。

第2 学習関係諸室

1  共通事項

(1) 幼児児童生徒一人一人の障害の状態及び発達の段階や特性等に応じた学習内容・方法を基に,幼児児童生徒の行動特性や生活経験の程度等を考慮して,最も適切な空間配分,配置とすることが重要である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:病院等の施設内においても,可能な限り病院等の協力を得て,障害の状態や特性等に応じた内容・方法による学習にふさわしい空間配分,配置とすることが望ましい。
(2) 普通教室を中心として,幼児児童生徒の障害の状態及び発達の段階や特性等に応じ必要となる学習・生活のための空間を構成することが重要である。
また,一斉指導による授業,グループ学習,少人数指導による指導,又は個別指導など多様な学習に弾力的に対応できる空間を計画することが重要である。
(3) 教育活動全体を通じて行われる自立活動のための学習や総合的な学習の時間等に対応し,普通教室,特別教室,自立活動関係諸室,共通学習空間,教材・教具の作成・収納空間等を機能的な連携に配慮して配置を計画することが望ましい。
また,多様な学習活動に対応できる空間を複数確保すること,又は教室等を一体的に若しくは分割して使用することのできる弾力的な空間として計画することが望ましい。
(4) 図書室,視聴覚教室,コンピュータ教室等,問題解決的な学習等における幼児児童生徒の主体的・積極的な利用を促す諸室については,普通教室,多目的教室等との機能的な連携に配慮した配置とすることが重要である。
(5) 各教科等の発表,討議,レポート作成等の様々な言語活動に対応できるよう,普通教室,特別教室等と図書室,講義室,ゼミ室等の連携を考慮して配置を計画することが重要である。
(6) 各室・空間は,多様な移動方法と各種の補助用具の利用を考慮し必要な規模を確保することが重要である。

2  普通教室等

(1) 日照,採光,通風,換気,室温,音の影響等に配慮した良好な環境条件の確保に十分留意し,位置,方位等を計画することが重要である。
(2) 同一学年の普通教室は,多目的教室の位置づけに留意しつつ,同一階又は同一区画にまとめて計画することが重要である。また,各学年の学級数が増減した場合においても学年ごとの空間的なまとまりを確保できるよう模様替えやゾーニングの再編が可能な計画とすることが望ましい。
なお,複数の部又は障害に対応した施設とする場合は,同一の部又は障害の普通教室について,同一階又は同一区画にまとめて計画することも有効である。
(3) 教科教室型の運営の場合,教室と,教材・教具の作成・収納空間,各教科の教員コーナー等をまとめて配置することが重要である。
(4) 多様な学習形態に柔軟に対応できるよう普通教室及びその周辺部分を構成することが重要である。
情緒障害や自閉症,ADHD等の障害を併せ有する幼児児童生徒への対応として,普通教室に近接して落ち着きを取り戻すための小空間を計画することも有効である。
なお,個別指導等のための小規模の室を設ける場合は,安全性に十分配慮して計画することが重要である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:障害の状態や特性等により病室等で学習を行う場合は,医療業務や他の入院患者の生活等に支障のないよう留意しつつ,学習に必要な教材・教具,教育機器,家具等の導入が可能な学習空間が確保されることが望ましい。
(5) 小学部の低学年児童の普通教室は,中・高学年の学習・生活空間と区分し,低学年児童のための他の学習・生活空間とまとめて計画することも有効である。また,多目的教室,屋外の作業テラス等の空間と連携できるように計画することが望ましい。
(6) 幼稚部の保育室は,遊戯室その他の保育空間やテラス・園庭との連携を十分検討し,適切な規模・構成を持つ空間とすることが重要である。また,保育室相互のつながりや保護者の動線にも留意し,特に,3歳児の保育室は,教職員室からの見通しが良く,近い位置に配置することが重要である。
(7) 幼稚部の保育室,小学部の低学年及び日常生活に配慮を要する児童生徒の普通教室については,衛生面に留意しつつ,便所,シャワー室,更衣スペース等と一体的に又は隣接して計画することが望ましい。
(8) 重度・重複障害のある幼児児童生徒の保育室又は普通教室は,障害の状態を踏まえた良好な環境を確保できる位置に,衛生面に留意しつつ,便所,シャワー室,更衣スペース等と一体的に又は隣接して計画することが重要である。
また,大型の教材・教具,遊具等を用いた多様な活動に対応できるよう十分な規模を確保することが重要である。さらに,医療的配慮から,保健室から近い位置に配置することが望ましい。
(9) 幼児児童生徒の持ち物等を保管するロッカースペースは,各学級の保育室内や普通教室内,又は保育室や普通教室に近接した位置で各学級の教室と対応するような位置に計画することが望ましい。
(10) 教室から直接行くことのできるテラス,バルコニー等の空間を,安全管理面等に十分留意しつつ計画することも有効である。
(11) 保護者の参観や授業への参加,幼児児童生徒の介助も考慮し,規模を計画することが望ましい。

3  多目的教室・プレイルーム等

(1) 利用内容・方法,利用集団の規模等に応じ,保育室又は普通教室と一体的に又は近接して計画したり,各部の中心的な位置にホール状に計画したりするなど,適切な位置,規模,構成等とするとともに,多様な教育活動に柔軟に対応できる多目的教室・プレイルームを計画することが望ましい。その際,地域の小・中学校等との交流及び共同学習や,地域住民等と活動を共にする機会等において使用できるよう位置,規模,構成等を計画することも有効である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:病院等に併置する場合,多目的に利用できる空間を病院等に近い位置に計画することも有効である。
(2) 保育室又は普通教室と連続して多目的教室・プレイルームを計画する場合は,幼児児童生徒の日常の保育室又は普通教室への出入りの動線に留意し,十分な規模の空間を計画することが重要である。
(3) ホール状の多目的教室・プレイルームを計画する場合は,利用する集団の規模等に対して十分な広さの空間を確保し,保育室又は普通教室から利用しやすい位置に計画することが重要である。
(4) 幼稚部の遊戯室は,保育室との連携や降雨,降雪時等の園庭との機能代替性を十分検討し,適切な規模,位置等を計画することが重要である。
また,幼児等の発表や観覧,保護者等の交流や学習活動などに必要な設備等を設置する空間を計画することが望ましい。
(5) 学習に必要な教材等を配備した学習・メディアセンターとしての機能を持たせることも有効である。なお,このような空間を教科の特別教室のまとまりの中に計画することも有効である。
(6) 各種遊具や日常生活学習器具・機器等の配置により,日常的な自立活動等の指導の場としても利用できるよう計画することが望ましい。なお,このような空間を自立活動関係諸室のまとまりの中に計画することも有効である。
【知的障害に対応した施設】:特別教室等のまとまりの中に,図画工作,美術等における諸活動に活用できる多目的作業室として計画することも有効である。
(7) 遊具を収納するスペースを確保することが重要である。
(8) 多目的教室・プレイルームの音響及び多目的教室を介在した隣接教室間の音の伝搬等について配慮した計画とすることが望ましい。

4  特別教室・教科教室

(1) 各部・各教科での利用,自立活動や日常生活学習での利用,又は複数の部での共同利用等を考慮し,必要な種類,規模等の空間を計画することが重要である。
複数の障害に対応した施設とする場合は,各々の障害の特性等を十分考慮し,必要な種類,規模等の空間を計画することが重要である。
(2) 同一教科又は関連性の強い教科の特別教室,教科教室及びその準備室,附属室等は,相互の連携を図り,まとめて計画することが望ましい。
教科教室型の計画においてホームベースが設定されない場合は,学級・ホームルーム活動等を行う場として教科教室を割り当てることに留意し,教科教室の配置,構成等を計画することが望ましい。
(3) 学校の規模,学習内容・形態等に加え,地域の小・中学校等の障害のない幼児児童生徒との交流及び共同学習や,地域住民の利用等を考慮し,特別教室の種類,配置等の構成を工夫して計画することが重要である。
(4) 特別教室・教科教室内又は隣接して準備室・コーナーを設けることが望ましい。
(5) 普通教室等からの移動や,特別教室・教科教室相互間の移動を行いやすいよう計画することが重要である。
(6) 学習内容に応じ,屋外学習施設と容易に行き来できる配置とすることが重要である。
(7) 学習活動に伴い騒音,振動,臭気等を発生する教室は,他の学習空間への影響に留意して配置することが重要である。
(8) 各教科における多様な形態の学習に弾力的に対応できるよう学習・メディアセンター等と連携させる計画も有効である。
(9) 個別指導等のための室は,各部から利用しやすく,かつ,騒音等の影響を受けにくい位置に計画することが重要である。
【知的障害に対応した施設】:学習への集中を促すために,窓外からの刺激を制御することができるように計画することが重要である。
(10) 学校の規模や教育内容・教育方法等に応じて,複数の教科での共用も考慮し,また,使用率の低い室が可能な限り生じないよう,空間の機能を集約し多目的に利用することのできる空間として計画することが望ましい。

5  作業学習関係諸室:【知的障害に対応した施設】

(1) 中学部又は高等部などの学部や作業種目ごとに,指導内容,指導方法,指導時数などを踏まえ,屋外の作業スペースとの関連にも留意しつつ,作業学習のための空間を適切な位置,規模で計画することが重要である。その際,地域住民の利用等も考慮し,位置等を計画することも有効である。
(2) 作業学習のための空間をまとめたブロック又は独立した作業棟として計画することが望ましい。その際,生徒の障害の状態や特性等に応じて円滑に作業室へ移動できるように位置関係に留意することが重要である。
(3) 各作業室は,一人一人の作業空間,移動のためのスペース,搬出入及び運搬のスペースを十分に確保することが重要である。
(4) 作業室又は作業場(農場等を含む),作業準備室,倉庫などを計画する際には,社会の変化や時代の進展等を踏まえつつ,農業,工業,家政・家庭,流通・サービス,福祉など作業種目の特性に加え,生徒の障害の状態や特性,生徒数,指導計画等に応じ,それぞれ必要な規模及び相互の位置関係に留意して計画することが重要である。

6  自立活動関係諸室

(1) 視覚障害に対応した自立活動関係諸室

1 各部の利用状況等に応じ,幼児児童生徒が利用しやすい位置に,視機能を評価するための室や感覚機能等に関する指導のための諸室をまとまりを持たせて計画することが重要である。
2 感覚機能に関する指導のための室は,幼児児童生徒の心身の発達状況等を考慮して適切に区分し,教材・機器等の設置・収納等に応じた適切な規模で計画することが重要である。
3 日常生活技能に関する指導等で利用できる実習のための空間を計画することも有効である。

(2) 聴覚障害に対応した自立活動関係諸室
1 各部の利用状況等に応じ,幼児児童生徒が利用しやすい位置に,聴力検査室を中心に言語指導の室,聴覚学習室等の自立活動関係諸室をまとまりを持たせて計画することが重要である。
2 聴力検査のための室は,幼児児童生徒の心身の発達状況等を考慮して適切に区分し,教材・機器等の設置・収納等に応じた適切な規模で計画することが重要である。
3 日常生活技能に関する指導等で利用できる実習のための空間を計画することも有効である。
4 幼稚部等において,家庭環境を模擬した室・空間等を計画することも有効である。

(3) 知的障害に対応した自立活動関係諸室
1 各部の利用状況等に応じ,幼児児童生徒が利用しやすい位置に,各種の教材や教育機器等を用いた多様な指導の実施に対応できる適切な規模で計画することが重要である。なお,心身の発達状況等を考慮し,部ごとに計画することも有効である。
2 コミュニケーションに関する指導及び知能検査等のための室は,騒音等の影響を受けにくい位置に計画することが重要である。特に,窓外からの刺激を制御することができるようにすることが重要である。
3 身体の動きに関する指導のための室・空間は,利用集団の規模に応じ,十分な規模で計画することが重要である。また,屋外での体育的活動の実施を考慮し,屋外の活動空間と容易に連携できる配置とすることが望ましい。
4 水中での身体の動きに関する指導のための室・空間は,指導及び指導前後の更衣等の諸行為を円滑に実施できるような規模で計画することが重要である。

(4) 肢体不自由に対応した自立活動関係諸室
1 各部の利用状況等に応じ,幼児児童生徒が利用しやすい位置に,各種の教材や日常生活学習機器等を用いた多様な指導の実施に対応できる適切な規模で計画することが重要である。なお,心身の発達状況等を考慮し,部ごとに計画することも有効である。
2 身体の動きに関する指導のための室・空間は,利用集団の規模に応じ,十分な規模で計画することが重要である。また,屋外での体育的活動の実施を考慮し,屋外の活動空間と容易に連携できる配置とすることが望ましい。
3 コミュニケーションに関する指導のための室は,騒音等の影響を受けにくい位置に計画することが重要である。また,各種の支援機器の活用ができるような機器の設置や収納,使用を考慮して計画することが重要である。
4 水中での身体の動きに関する指導のための室・空間は,指導及び指導前後の更衣等の諸行為を円滑に実施できるような規模で計画することが重要である。
5 複数の教員による協力や外部の専門家との連携が効果的にできるようにするため,打ち合わせに活用できる空間を計画することが望ましい。

(5) 病弱に対応した自立活動関係諸室
1 各部の利用状況等に応じ,幼児児童生徒が利用しやすい位置に,各種の教材や教育機器等を用いた多様な指導の実施に対応できる適切な規模で計画することが重要である。なお,病気の種類や程度,発達状況等を考慮し,部ごとに計画することも有効である。
2 心理的な安定や身体の動きに関する指導のための室・空間は,利用集団の規模や病気の種類等に応じ,十分な規模で計画することが重要である。また,屋外での体育的活動の実施を考慮し,屋外の活動空間と容易に連携できる配置とすることが望ましい。
3 コミュニケーションに関する指導のための室は,騒音等の影響を受けにくい位置に計画することが重要である。また,各種の支援機器の活用ができるような機器の設置や収納,使用を考慮して計画することが重要である。
4 水中での身体の動きに関する指導のための室・空間は,指導や指導前後の更衣等の諸行為を円滑に実施できるような規模で計画することが重要である。
5 複数の教員による協力や外部の専門家との連携が効果的にできるようにするため,打ち合わせに活用できる空間を計画することが望ましい。

7  専門教育関係教室

(1) 高等学校に準ずる専門教科・科目を履修するために必要な規模,構成等による専門教育関係教室を計画することが重要である。
(2) 高等部における専門教科・科目のための実験・実習室等は,実験・実習の流れに応じた各室・空間の連続性,必要な規模の講義室,多目的スペース,準備室,資料室,ゼミ室,教員研究室その他の附属室等との位置関係に留意して計画することが重要である。
(3) 教科内容に応じ,屋外の活動空間との連携可能な配置とすることが重要である。
(4) 学習活動に伴い騒音,振動,臭気,排気ガス等を発生する教室は,他の空間に悪影響を与えないように留意して配置することが重要である。
(5) 実習や課題研究等により制作された作品や専門教育に必要な模型,標本等の教材を展示・収納する空間を計画することが望ましい。
(6) 学校の規模,学習内容・形態に加え,地域住民の利用等も考慮し,専門教育関係教室の種類,配置等の構成を工夫して計画することも有効である。
(7) このほか,各障害における専門学科を設置する場合は,以下の点についても留意することが重要である。
【視覚障害,聴覚障害又は知的障害に対応した施設】:各障害に関わる専門学科における各教科・科目に対応し,専門性の高い実習等に対応できる規模,構成等による専門教育関係教室を計画することが重要である。
【視覚障害又は聴覚障害に対応した施設】:理療,理美容,歯科技工,調理等の資格・養成に関わる実習における外来者の出入口,待合い等のスペースは,外部からの連絡がよく,実習室に近接した位置に計画することが望ましい。
【知的障害に対応した施設】:知的障害の専攻科に関わる専門教育関係教室は,作業学習関係諸室との関係を考慮して計画することが望ましい。
(8) 専門教育関係の講師等の控室は,各教科の準備室等との位置関係等を考慮して計画することが重要である。

8  共通学習空間

(1) 各部の利用内容に応じ必要な規模を計画するとともに,各教科等における多様な学習内容等に対応できるよう,多目的教室・プレイルーム,特別教室,教科教室,自立活動関係諸室又は専門教育関係教室との機能的な連携を考慮して計画することが重要である。
(2) 図書室等は,利用内容に応じ必要な規模を確保するとともに,各部の利用状況等も考慮しつつ,普通教室等から利用しやすい位置に配置することが重要である。その際,安全面に留意しつつ,必要に応じ,休日の幼児児童生徒の利用や,地域の小・中学校等の幼児児童生徒との交流及び共同学習における利用,地域住民の学習活動における利用等に対応できるよう配慮することが望ましい。
また,高等部においては,職業の専門教育に関する図書等の書架やコンピュータの活用のためのスペースを計画することが重要である。
(3) 図書室内にグループ学習で利用できる室・空間を計画することも有効である。
(4) 複数の障害に対応した施設とする場合は,各々の障害の特性等を考慮しつつ,各々の幼児児童生徒が相互利用しやすい位置に共通学習空間を配置することが重要である。
(5) 共通学習空間を相互に隣接若しくは近接させて配置し,又は,図書,コンピュータ,視聴覚教育メディア等各種の教材・教具,設備等を集約し,各教科又は各部等に対応した多様な学習や自主的な学習などに多目的に利用できる学習センターとして計画することも有効である。
(6) 図書,コンピュータ,視聴覚教育メディア等を身近な場に分散配置することも有効である。なお,その場合,各共通学習諸室との役割分担を明確にし,相互の連携に留意して計画することが重要である。
(7) 学習・研究成果の発表や展示のできる空間を計画することも有効である。

9 その他の学習関係諸室

(1) 教育相談・生徒指導・進路相談・履修指導室
1 各部の幼児児童生徒の実態等に応じ,教育相談,生徒指導,進路相談,履修指導等に必要な室・空間を計画することが重要である。
2 教育相談,生徒指導,進路相談,履修指導等に必要な面談室,資料室等は,幼児児童生徒が安心して利用でき,静かで落ち着いて相談等を行うことのできる位置とするなど配置に十分留意して計画することが重要である。
  その際,それぞれの機能の分担や室・空間の位置関係を十分検討することが重要である。
3 進路相談のための室・空間は,生徒による資料の閲覧や複写,来訪者との応対等に留意し,必要な規模で計画することが重要である。
4 障害のある幼児児童生徒やその保護者等に対する早期からの指導や相談等のための室・空間を,自立活動関係諸室との連携にも配慮しつつ計画することが望ましい。
5 諸検査等のための室・空間を,各部から利用しやすくかつ騒音等の影響を受けにくい位置に計画することが重要である。

(2) 特別活動室
 児童会・生徒会活動等のための特別活動室は,他の室・空間との役割分担を明確にしつつ,多様な活動に応じ,必要となる空間を活動に適した規模で計画することが重要である。

(3) 放送室
1 教職員だけでなく幼児児童生徒による放送活動にも便利な位置に計画することが望ましい。また,健康安全・体育的行事等における利用も考慮し,運動場等を見渡すことができるように計画することも有効である。
2 放送に関する教材作成等の機能を備えた教材・教具空間や視聴覚教室と連携できるように計画することも有効である。

(4) 教材・教具等の作成・収納空間
1 各特別教室,教科教室等の準備室との役割分担に留意しつつ,教材・教具の種類,数量等に応じ必要な規模のものを,これらの教材・教具を利用する室・空間との連絡のよい位置に計画することが重要である。
2 視聴覚教材や大型遊具,遊具製作材料等の収納に十分な規模の空間を計画することが重要である。
3 教材・教具等の作成の機能を備え,図書室,視聴覚教室,学習センター等と連携した空間として計画することも有効である。
4 大型の教材・教具の作成,補助用具の調整等のための作業空間を計画することが重要である。
5 教材などの複写,印刷等を行う専用のスペースを学習関係諸室のまとまりの中にコーナーとして配置することも有効である。

(5) 自習スペース
 各部の利用状況等に応じ,共通学習諸室の中に児童生徒の自習のためのスペース・コーナーを計画することも有効である。

10  講義室等

(1) 講義室を計画する場合は,利用形態に応じ必要な規模を,関連する他の室・空間との連絡に留意しつつ,適切な位置に計画するとともに,学習集団の規模の変化に柔軟に対応できる計画とすることが重要である。
なお,必要に応じ,教員用の実験スペースを備えた講義室を計画することも有効である。
(2) ゼミ室を計画する場合は,利用形態に応じ,特に少人数教育のニーズの増大に留意し,必要な規模のものを,普通教室,特別教室・教科教室,実験・実習室等との連絡のよい位置に計画することが望ましい。
なお,情報化などに対応した特色のあるゼミ室を計画することも有効である。

11 日常生活学習関係教室

(1) 和室,浴室,調理室,便所等の日常生活に関する学習のための室・空間を設ける場合は,まとまりを持たせて計画することが望ましい。
(2) 類似の機能を有する室・空間との役割分担や連携に留意して計画することも有効である。
(3) 他校の幼児児童生徒や地域住民との学習・文化活動,交流を推進するという観点から計画することも有効である。

第3 屋内運動施設

1  共通事項

(1) 保健体育(小学部は「体育」。以下同じ。),健康安全・体育的行事,クラブ活動,部活動,学校開放等における各種の運動を支障なく行うことができるよう必要な規模で計画することが重要である。また,避難所等としての利用に配慮した計画とすることが重要である。
(2) 幼児児童生徒の移動や他の学習空間へ及ぼす騒音等の影響,運動施設相互の連携等に配慮し,適切な位置に計画することが重要である。
特に,教科教室型の運営の場合は,保健体育の学習に対応する屋内運動場,武道場,保健体育教室や,教材・教具の作成・収納空間,教員コーナー等をまとめて配置することも有効である。
(3) チーム練習の計画やゲームの作戦等について話し合えるよう,屋内運動施設と一体的にミーティング室等を計画することも有効である。
(4) 学校開放時における利用にも積極的に対応できるよう,出入口や便所,更衣室等の附属施設等を含め,空間の構成,配置,規模等を計画することが望ましい。
(5) 複数の障害に対応した施設とする場合は,屋内運動施設の相互利用・共同利用に配慮しつつ,動線を含め体育的活動に必要な環境を確保できるよう数,規模及び配置を適切に計画することが重要である。
(6) 保健体育教員研究室を設ける場合は,必要な規模のものを,屋内外の運動施設を管理しやすい位置に計画することが望ましい。

2  屋内運動場

(1) 学級又は学年の枠を超えた学習グループの編成,クラブ活動又は部活動の種類・数,補助用具等を利用した幼児児童生徒の特殊な活動内容や多様な器具・設備等の設置等に留意し,必要な規模のものを適切な位置に計画することが重要である。
【聴覚障害に対応した施設】:屋内運動場における発声・発語の学習後のうがいのための水飲み,手洗い等の施設を附属して計画することが望ましい。
(2) 通風,換気及び採光を十分確保するとともに,室温に配慮して計画することが重要である。
(3) 気候的条件,学校規模,各部の体育的活動の状況等に応じ,相互の連携に配慮しつつ,複数の屋内運動場を計画することも有効である。
(4) 更衣室,便所,運動器具庫等の附属施設と一体的に計画することが重要である。
(5) 儀式的行事,文化的行事,各種集会,学習・研究成果の発表等における利用を考慮し,ステージ,控え室等の空間の構成,配置,規模等を計画することが重要である。
なお,文化活動の場として講堂や音楽ホール等の専用の空間を別に計画し,屋内運動場に備える運動のための機能を高めることも有効である。
(6) 各種トレーニング器具をまとめて配置したトレーニングルームやダンススタジオを計画することも有効である。
(7) 津波等災害時に,屋内運動場を避難所等として利用するために,上層階に計画することも有効である。その場合には,日常の教育活動に支障を生じない動線計画とするとともに,避難者が円滑に避難できるよう階段の位置等を計画することが重要である。

3  武道場

(1) 武道場を計画する場合は,利用内容等に応じ,柔道,剣道等の武道を行う専用の施設として計画することが望ましい。
(2) 練習中の発声や振動等による校舎等への影響や通風の確保等に十分留意して計画することが重要である。
(3) 更衣室,便所,防具庫等の附属施設を一体的に計画することが望ましい。

4  屋内プール

(1) 利用内容に応じ,必要な規模で計画することが重要である。また,自立活動での利用を考慮して計画することが望ましい。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:プール周辺における補助用具を使用しての移動や這っての移動等を考慮して計画することが重要である。
(2) 幼児や小学部低学年児童の体格,活動の内容等を考慮し,形状等を工夫したプールを計画することが望ましい。
(3) 自立活動での利用など日常的な利用を考慮し,維持管理等に十分留意しつつ,温水プールとして計画することが望ましい。なお,温水化しない場合には,適切に保温できるよう室内の暖房にも配慮しつつ,日照や採光を十分確保できる位置に計画することが重要である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:プールの水温を調節できるような仕様のものとすることが望ましい。
(4) 湿気等を防止するため,通風及び換気を十分確保できる位置に計画することが重要である。
(5) 更衣室,便所及びシャワー室等の附属施設と一体的に計画することが重要である。

第4 動線空間

1  共通事項

(1) 幼児児童生徒の障害の状態や特性等を考慮し,安全かつ円滑な移動を可能とするようにバリアフリー化を図りつつ,規模,配置等を計画することが重要である。できる限り単純かつ明瞭な構成とすることが重要である。また,障害の状態や特性等を考慮し,出会い頭,すれ違う際などの衝突防止に配慮するとともに,指導の場としても有効となるように計画することが望ましい。
【視覚障害又は聴覚障害に対応した施設】:誘導設備等の設置を考慮して計画することが重要である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:幼児児童生徒一人一人の多様な移動方法や移動能力等に応じて計画することが重要である。
(2) 日常の動線と避難動線との関連に十分留意して計画することが重要である。

2  昇降口,玄関等

(1) 始業時,終業時等における利用人数等に留意しつつ,校舎の規模に応じ適切に配置するとともに,十分な規模の昇降口を計画することが重要である。また,複数の障害に対応した施設とする場合には,相互の交流に留意しつつも,各々の日常的な動線が交錯しないよう計画することが重要である。
学校開放用の昇降口については,学校開放を行う諸室との関連性を考慮した位置に,利用人数に応じた規模を計画することが重要である。
【視覚障害に対応した施設】:白杖を使用しての出入りに留意しつつ計画することが重要である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:補助用具を使用しての出入りに留意して計画することが重要である。また,昇降口の近傍に,動線に留意しつつ,利用状況等に応じた,適切な規模の車いすの置き場や補助用具等の洗浄施設等を計画することも有効である。
(2) 建物に出入りしやすいよう,わかりやすい位置に昇降口,玄関及び受付の配置を計画することが重要である。また,運営面でのサポート等の観点から,職員室や事務室等の配置にも考慮して計画することが重要である。
(3) 校舎内の幼児児童生徒の学習・生活の中心となる空間と連絡がよく,校門及び屋外運動場との間において,上履きと下履きの動線が交差することなく,校舎等の周囲を迂回せず円滑に行き来できる位置に計画することが重要である。
【病弱に対応した施設】:病院等に併置する場合,病院等との往来の際の出入口は,病
室及び保育室又は普通教室との連絡の良い位置に計画することが重要である。
(4) 気候的特性に留意して,位置及び出入りの向きを計画することが重要である。
(5) 情報伝達又は展示・掲示の場としても利用できるような入口ホール等の空間と一体的に計画することも有効である。
(6) スクールバスの発着場は,スクールバスの発着,補助用具を使用した幼児児童生徒の乗降等が安全かつ円滑に行えるような規模のものを,校舎内等への排気ガスの侵入防止等に配慮しつつ,校舎への出入口との連絡のよい位置に計画することが重要である。
【肢体不自由に対応した施設】:特に,幼稚部又は小学部低学年は,保育室又は普通教室との位置関係に十分配慮することが重要である。
(7) 昇降口の前面に降雨時,降雪時等における傘の利用を考慮した空間を確保することが重要である。

3  廊下,階段等

(1) 廊下,階段等は,安全かつ円滑な動線としての機能を確保できるよう規模,配置等を計画することが重要である。また,廊下,スロープ等は,多様な移動方法に十分留意して計画することが重要である。
【視覚障害に対応した施設】:校舎内における位置認知の起点としての機能を持たせるように階段の位置等を計画することも有効である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:廊下,階段等には,動線に留意しつつ,利用しやすい位置に,適切な規模の車いす等の置き場を計画することも有効である。また,病院等に併置する場合,病院等との往来のための通路は,上屋の設置や車いす等での移動等を考慮した規模を確保することが望ましい。
(2) 階段には,十分な広さの階段ホールや踊り場等の空間を,非常時の避難にも配慮しつつ計画することが重要である。
(3) 幼児児童生徒の休憩,交流等の場や作品等の展示などの場としての利用も考慮して,規模,空間構成等を計画することも有効である。
(4) エレベーターやスロープ等は,利用目的に応じ必要な位置に階段との位置関係に留意して計画することが重要である。
スロープについては,安全な斜度,十分な幅,始終点前面及び踊り場の余裕等を確保できるように,規模,配置等を計画することが重要である。
エレベーターについては,その輸送能力,利用状況等に応じ,必要な規模のエレベーターホール等の空間を計画することが重要である。

第5 生活・交流空間

1  共通事項

(1) 学習関係諸室等との間の移動を行いやすい位置に,ゆとりのある空間を構成できる規模で計画することが望ましい。
複数の障害に対応した施設とする場合は,各々の障害の特性等を考慮しつつ,幼児児童生徒が相互利用しやすい位置に,共有する生活・交流空間を配置することが重要である。
(2) 地域の小・中学校等との交流及び共同学習や学校開放等を考慮し,他校の幼児児童生徒や地域住民等も利用しやすい位置に計画することが望ましい。

2  ロビー・ラウンジ等 

(1) 短い休み時間にも幼児児童生徒が気軽に休憩,交流,談話等に利用することができるよう,ラウンジやアルコーブ等を幼児児童生徒の日常動線上の各所に分散して配置することが望ましい。
(2) 類似した機能を有する屋外空間との連携を考慮して計画することも有効である。
(3) ロビー・ラウンジの内部に,美術・工芸の作品の展示や情報の提示等のための空間を計画することも有効である。
(4) 保護者や地域住民との連携を進めるため,休憩・談話等のための空間としての利用を考慮して,規模,空間構成等を計画することも有効である。

3  食堂・ランチルーム

(1) 食堂・ランチルームは,利用状況等を考慮して適切な規模を計画することが重要である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:車いすやストレッチャーを使用しての食事,抱かれての食事,特殊な補助用具を付けての食事等多様な形態を考慮して,規模等を計画することが重要である。
(2) 食堂・ランチルームは,校舎内各所から利用しやすい位置に,良好な環境にも配慮しつつ,調理室や配膳室との位置関係に留意して計画することが重要である。
なお,寄宿舎を設ける場合には,寄宿舎の食堂との関連に十分留意して計画することが重要である。
(3) 家庭教室の調理に係る実習のための空間と連携させて配置することも有効である。
(4) 健康状態の維持・改善等に関する自立活動や日常生活学習の指導を行うためのスペースとして,自立活動関係諸室や日常生活学習関係諸室と関連づけて計画することも有効である。
(5) 食事指導の方針等に応じ,食事のための空間を普通教室廻り等へ分散配置することも有効である。その際,適切な食事環境を構成できるように計画することが重要である。
(6) 売店を設ける場合は,扱う物品の内容に応じ,児童生徒の生活空間や食堂等との連絡に留意して計画することが重要である。また,自動販売機を設置する場合は,物品の搬入,ごみの収集等に十分留意し,適切な位置に設置スペースを計画することが重要である。

4 調理室,配膳室等

(1) 食堂・ランチルーム等の食事のための空間に近接させて計画することが重要である。
(2) 騒音,異臭等により学習活動等に支障を及ぼすことなく,また,外部から車等の進入しやすい位置とすることが重要である。
(3) 食中毒の原因となる雑菌等の発生を抑制し,衛生管理を行いやすい施設として計画することが重要である。
(4) 調理室又は給食センター等から各階・各教室へ配膳する間の保管場所については,異物混入等を防ぐため,施錠等も含め計画することが重要である。

5  寄宿舎

(1) 当該地域の気候風土や気候の季節的変化等も考慮し,良好な環境条件を確保できる方位及び位置に設定することが重要である。
(2) 幼児児童生徒の日常生活の自立を促す環境として,舎室,学習空間,生活・交流空間,管理関係室,共通空間等を,適切に構成できるような規模で計画することが重要である。
(3) 男女の別に配慮しつつ,個人の生活と集団生活のための空間,幼児児童生徒が利用する空間と管理諸室との分離と連携が適切に保たれるように計画することが重要である。
(4) 収容人数等の規模に応じ,舎室部分を複数のブロックに分割する計画も有効である。
(5) 舎室は,利用する幼児児童生徒の障害の状態や特性,利用人数等に応じた規模のものを,良好な日照,採光,通風等を得られる位置に配置することが重要である。なお,複数人で一室とする場合は,発達の段階等に応じ個人的な利用のできるスペースを適宜計画することが望ましい。
(6) 明瞭で規模に応じた動線を設定することが重要である。特に,避難階以外の階に舎室を計画する場合は,避難用スロープなどを設置することが望ましい。
(7) 休養室は,舎監室や職員室等の管理諸室に隣接して設けることが望ましい。
(8) 共用施設は,寄宿生が日常的に利用しやすい位置に計画することが重要である。
(9) 管理諸室は,出入口部分等への見渡しがよく,寄宿舎内各所への移動に便利な位置,各室相互の連携等を考慮し,まとまりのある空間として計画することが重要である。
(10) 便所は,寄宿舎内の幼児児童生徒の分布の状況及び動線を考慮し,幼児児童生徒が利用しやすい位置に,男女別に計画することが重要である。
(11) 手洗い場等の生活用諸施設・設備のための空間は,寄宿舎内の必要な場所にまとまりのあるコーナーとして計画することが重要である。
(12) 保護者宿泊室は,各舎室との連絡の良い位置に計画することが重要である。なお,一部の舎室を保護者の宿泊や面談に利用できるように計画することも有効である。
(13) 浴室は,障害の状態や特性,指導者の介助等を考慮し,洗い場及び更衣スペースを十分確保できる規模のものを,利用しやすい位置に男女別に計画することが重要である。
(14) 幼児児童生徒の自立的な生活態度等の養成を図るための日常生活学習等の場として,宿泊室,浴室,洗面所,便所,食堂,厨房等を備えたセミナーハウス的な施設を計画することも有効である。
(15) 幼児児童生徒相互,教員と幼児児童生徒間の交流に加え,他校の幼児児童生徒や地域住民との学習・文化活動や交流の場として計画することも有効である。
(16) 各々の障害に応じて施設を計画することが望ましい。複数の障害に対応する場合は,各々の障害の特性等を考慮しつつ,施設設備の安全性及び機能性を十分に確保するとともに,各々の幼児児童生徒が利用しやすい位置に共用施設を計画することが重要である。

6  講堂・ホール等

(1) 学習空間や他の生活・交流空間等との関連,幼児児童生徒及び教職員等の利用者が安全かつ円滑に移動できる動線の確保等に配慮して,位置等を計画することが望ましい。その際,地域の小・中学校等の幼児児童生徒や地域住民の利用を考慮し,外部からの動線に配慮することも有効である。
(2) 講堂・ホール等の内部に,美術・工芸の作品を展示できる空間を計画することも有効である。
(3) 儀式的行事,文化的行事,各種集会,学習・研究成果の発表等の場であるほか,地域の小・中学校等の幼児児童生徒との交流及び共同学習の場として,さらには,地域に開かれた学校という観点から地域住民の芸術・文化活動にも利用される場として,利用目的・利用人数等を考慮し,適切な規模及び付属施設を確保することが望ましい。

7  ホームベース

(1) 教科教室型の運営の場合,必要に応じ,生徒の持ち物の保管,学級・ホームルーム活動,生徒への情報伝達,休憩や自学自習などの場となるホームベース機能をそれぞれのホームルームごとに計画することも有効である。その際,ラウンジ等他の室・空間との位置関係等を考慮することが重要である。
(2) ホームベースを設ける場合は,生活集団に応じ必要な規模のものを各室・空間との間の移動を行いやすく,かつ,日照,採光,通風,換気,室温,音の影響等に配慮した良好な環境条件を確保できる位置に計画することが重要である。
(3) 学習空間や他の生活・交流空間等との関連に留意するとともに,生徒と教員の交流の場にもなることに留意して計画することが重要である。

8  部室

(1) 部室を計画する場合,管理・指導面に十分留意しつつ,活動を行う場との連絡のよい位置に,共同利用できるミーティング室,更衣室,用具収納庫,手・足洗い場等とともにまとまりをもたせて配置することが望ましい。
(2) 部活動の内容等の変化に対応し間仕切りを変更できるような柔軟な空間として計画することも有効である。

第6 共通空間

1  便所

(1) 幼児児童生徒の分布の状況,障害の状態や特性,動線を考慮し,幼児児童生徒が利用しやすい位置に,男女別に計画することが重要である。
また,学校間の交流及び共同学習における他校の幼児児童生徒の利用や,学校開放時又は避難所開設時の高齢者,障害者等の要配慮者の利用に配慮して便所を計画することも重要である。
(2) 心身の発達状況や障害の状態,程度等を考慮し,衛生面に留意しつつ,保育室や,小学部低学年又は重度・重複障害のある児童生徒の普通教室に近接又は隣接した位置にも計画することが望ましい。
(3) 教職員及び外来者用の便所は,障害者の利用にも配慮しつつ,幼児児童生徒用とは別に,適切な位置に男女別に計画することが重要である。その際,教員等は休み時間も幼児児童生徒と過ごすことを考慮し,これらを適切な位置に分散して計画することも有効である。

2  洗浄施設等

(1) 浴槽,温水シャワー等の洗浄設備を設置する空間を,便所と関連させつつ,保育室及び普通教室から利用しやすい位置に計画することが重要である。
(2) 洗浄設備を設置する空間は,着替えのためのスペースの確保や,車いすでの利用等に配慮しつつ,利用状況等に応じ適切に規模を計画することが重要である。
(3) 洗濯機や乾燥機等を設置する空間は,洗浄設備を設置する空間と関連させて計画することが重要である。

3  ロッカースペース

(1) 各保育室又は普通教室の内部又は近接した位置にコーナーとして計画することが望ましい。
(2) 教科教室型の運営の場合,全校の校内動線の中心的な位置に計画することが望ましい。なお,ホームベースを設ける場合は,その区画の中に計画することも有効である。
(3) 廊下に計画する場合は,安全に配慮し,ホームルームの教室と対応するように計画することが望ましい。

4 その他

(1) 手洗い場等の生活用諸施設・設備のための空間は,校内の必要な場所に計画することが重要である。
【病弱に対応した施設】:消毒するための設備や感染防止のための殺菌灯付きロッカー等を設置するスペースを適切な位置に計画することが重要である。
(2) 足洗い場は,幼児児童生徒が利用する主要な出入口に近接した位置に計画することが望ましい。
(3) 幼児児童生徒更衣室は,利用しやすい位置に,男女別に計画することが重要である。

第7 学校開放のための空間(保護者や地域住民等との連携協力の場)

1  共通事項

(1) 学校・家庭・地域社会が連携協力するための情報提供や連絡調整の場のほか,地域の小・中学校等との交流及び共同学習の場,PTA活動の拠点となる場,地域の人々がボランティア活動の拠点として活用する場,又は総合型地域スポーツクラブの活動の拠点となる場等として計画することが重要である。
(2) 学校間連携又は学校開放の状況等に応じ,ミーティング室,管理室,ロッカー室,更衣室,器具庫,便所等の室種類を適切に設定し,必要な規模を計画することが望ましい。
その際,通常の学校運営に十分配慮し,学校間連携又は地域住民への開放時の管理体制を明確に設定し,当該学校での利用,校舎又は屋内運動施設との役割分担等も考慮することが重要である。
(3) 外部からの出入りに便利で,開放する特別教室・教科教室,屋内外の運動施設等と連絡の良い位置に計画することが重要である。
(4) 開放する特別教室・教科教室,屋内外の運動施設等の連絡に留意しつつ,総合的に利用できる空間を計画することも有効である。
(5) 地域住民等との連携協力の場は,作業学習関係諸室等の活用を考慮して計画することも有効である。
(6) 地域の避難所となる場合には,防災担当部局と連携して,必要に応じ,備蓄倉庫を併設することが重要である。

第8 センター的機能関係諸室 

1 共通事項

(1) 地域の小・中学校等の教員への支援及び研修協力や,地域の小・中学校等に在籍する幼児児童生徒への指導・支援,保護者等に対する相談対応・情報提供等を行うために必要な室については,来校する教員や幼児児童生徒,保護者等の動線が,在籍している幼児児童生徒の動線と交錯しないように専用の昇降口を設けて区分するなど,独立性を確保した空間の構成,配置等を計画することが重要である。
(2) 他校から来校する幼児児童生徒や保護者等のための昇降口は,通級による指導等のための学習室や教育相談室等の関係諸室との関連性を考慮した位置に,利用人数を踏まえた規模を計画することが重要である。
また,他校から来校する幼児児童生徒や保護者等が立ち寄りやすい位置に計画することが重要である。
(3) 関連する室・空間のまとまりに配慮して計画することが重要である。

2 研修室

地域の小・中学校等の教員への支援及び研修協力を行う場合は,既存の会議室等を有効に活用するという視点にも留意しつつ,障害への理解,対応又は指導方法等に関する研修及び連絡調整等を行うための室を計画することも有効である。

3 学習室等

(1) 学習室は,利用する幼児児童生徒の障害の状態や特性,利用状況等を考慮して規模を確保するとともに,良好な日照,採光,通風等を得られる位置に配置することが重要である。
(2) 障害の状態や特性等を考慮し,十分な安全性を確保することのできる位置に計画することが重要である。
(3) 地域の小・中学校の児童生徒を対象とする通級による指導に対応した施設を計画する場合は,地域の小・中学校との連携に十分配慮しつつ,利用人数等を踏まえ,適切な数の個別学習室を計画するとともに,小集団による指導等の多様な学習形態に対応できる多目的教室・プレイルームを計画することが重要である。また,必要に応じて,検査室,観察室を計画することが望ましい。
(4) 各障害に対応した学習室等を計画する場合は,以下の点に留意することが重要である。なお,特別支援学校の対象となる5つの障害以外の障害に対応する場合は,必要に応じて,小学校又は中学校施設整備指針の「通級による指導のための関係室」等の規定を参照することが重要である。
【視覚障害に対応した施設】:静寂さや十分な採光を確保できるよう計画することが重要である。
【聴覚障害に対応した施設】:集団補聴システム・補聴器の利用等に配慮し,可能な限り騒音や電波等の混信を避け得る位置に計画することが重要である。
 また,口の形や顔面の筋肉の動き,手の動きなどにより相手の言葉や表情,指文字,手話等を読みとりながら学習等が進められることに留意し,十分かつ適切な照度を確保できるように計画することが重要である。
【知的障害に対応した施設】:衝突に対する安全性や落下の防止等に十分配慮して計画することが重要である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:車いす等の使用や様々な補助用具等を使用しての利用に十分留意して,安全かつ円滑な移動が可能となるよう計画することが重要である。

4 相談室等

(1) 相談室は,他校から来校する幼児児童生徒や保護者等が気軽に立ち寄ることができ,かつ,静かで落ち着いて相談等を行うことのできる位置とするなど配置に十分留意して計画することが重要である。
(2) 乳幼児を含む早期教育相談等に対応した施設とする場合は,保育スペースをプレイルームとの連携にも配慮しつつ計画することが重要である。その際,相談室内又は相談室に近接して乳幼児のための授乳室・仮眠室等を計画することが望ましい。

5 共通空間

(1) 送迎や相談のために来校している保護者のための控室を計画する場合は,センター的機能としての学習室,相談室等との連絡に配慮しつつ,外来用玄関との連絡の良い位置に計画することが重要である。
(2) センター的機能を統括する機能として管理関係室を計画する場合は,既存の管理関係室との関連を考慮して計画することが望ましい。
(3) 便所は,他校から来校する幼児児童生徒や保護者等の利用状況及び動線を考慮し,利用しやすい位置に男女別に計画することが重要である。

第9 管理関係室 

1  共通事項

(1) 管理関係室は,部・教育課程の構成等に応じて室・空間の共用等に配慮しつつ,学習関係諸室等と行き来しやすい位置に,まとまりのある空間として計画することが重要である。
(2) 複数の障害に対応した施設とする場合は,管理関係室間の相互利用・共同利用に配慮しつつ,動線を含めそれぞれの校務,教務等に必要な環境を確保できるように,数,規模及び配置を計画することが重要である。
(3) 学校運営などの将来における変動等に対応できる弾力的な空間として計画することが重要である。
(4) 必要に応じて,職員室や保健室等の一部又は隣接した位置に看護師のための室・空間を計画することが重要である。

2  教職員諸室

(1) 学校規模に応じ,校務,教務等の執務内容や各種教材等の保管,PT(理学療法士),OT(作業療法士),ST(言語聴覚士)等の外部の専門家のためのスペースを考慮し,必要な規模の空間を計画することが重要である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:病院等に併置する場合は,病院等の関係者との日常的・定期的な打合せのための室・空間を確保することも有効である。
(2) 教職員諸室は,相互の機能的な連携が確保できるような位置関係として計画することが重要である。
(3) 執務,教材作成,会議,休憩,打合せ等のスペース・コーナーを移動間仕切りなどにより構成する計画とすることも有効である。
(4) 職員室は,屋外運動場やアプローチ部分などへの見渡しがよく,校内各所への移動に便利で緊急時にも即応できる位置に計画することが重要である。
(5) 普通教室周辺の位置に教員コーナー等を分散して配置することも有効である。なお,その場合,職員室との機能分担及び相互の連絡に留意して計画することが重要である。
(6) 日常的な幼児児童生徒とのコミュニケーションが促されるよう,学習・生活空間等との配置や動線を考慮して計画することが重要である。
(7) 事務室は,校長室,職員室,外来用玄関等と連絡のよい位置に計画することが重要である。なお,校内の各種設備の集中管理等を行う場合には,校内各所への移動に便利な位置に計画することが重要である。
(8) 会議室は,室数の確保に留意しつつ,移動間仕切り等により,必要に応じ,空間を分割して利用できるような規模のものを計画することも有効である。また,必要に応じ,幼児児童生徒との面談,外来者の応対,学校開放等に対応できる会議室を設けることも有効である。
(9) 主事室は,業務内容に応じ,校長室,事務室,サービスエリア等との連絡のよい位置に計画することが重要である。
(10) このほか,各障害に対応した施設として,以下の点にも留意することが重要である。
【視覚障害に対応した施設】:点字印刷のための室・スペースは,図書室等との連携を考慮しつつ,点訳や製本のためのスペースも含め適切な規模のものを計画することが重要である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:病院等に併置する場合は,病院等との連携の内容に応じ,病院等と学校との間で幼児児童生徒の引継ぎのためのスペースを適切な位置に計画することが望ましい。

3  保健室

(1) 静かで,良好な日照,採光,通風,換気,室温,音の影響等に配慮した良好な環境を確保できる位置に計画することが重要である。
【肢体不自由又は病弱に対応した施設】:病院等に併置する場合は,病院等との日常的な連携を考慮し計画することが重要である。その際,病院等との往来のための出入口部分に計画することも有効である。
(2) 特に屋内外の運動施設との連絡がよく,幼児児童生徒の出入りに便利な位置に計画することが重要である。また,必要に応じ,開放時の利用も考慮して計画することが望ましい。
(3) 救急車両,レントゲン車両等が容易に近接できる位置に計画することが重要である。
(4) 職員室等と連絡のよい位置に計画することが重要である。
(5) 処置,検査,休養等に必要な空間や,保健室に付随した相談室及び医師等の控え室を適切に構成できる規模のものを,便所等の施設と一体的に配置することが望ましい。
(6) 健康に関する情報を伝える掲示板を設定するなど,健康教育の中心となるとともに,幼児児童生徒のカウンセリングの場として,幼児児童生徒の日常の移動の中で目にふれやすく,立ち寄りやすい位置に計画することが重要である。

4 保護者等控え室

(1) 保護者やボランティア等のための控え室を計画する場合は,学習関係諸室や管理関係諸室との連絡に配慮しつつ,外来用玄関との連絡の良い位置に計画することが重要である。特に,幼稚部や小学部の幼児児童,又は医療的ケアの必要な幼児児童生徒の保護者のための控え室は,保育室又は普通教室に隣接した観察室又は保護者コーナー等として計画することが望ましい。
(2) スクールバスの運転手のための控え室は,管理関係諸室との連絡に配慮しつつ,スクールバスの発着場と連絡の良い位置に計画することが望ましい。

5 受付

防犯上の観点から,外部からの来訪者を確認し,不審者を識別できるようにするため,運営体制を考慮した上で,来訪者の使用する門に隣接した場所や建物の出入口付近等の分かりやすい位置で,職員室や事務室等に隣接した位置又はその一部に,来訪者応対用の受付を設置することが重要である。

6  倉庫,機械室等

(1) 倉庫は,収納・管理する物品等の現況及び将来の需要を把握し,物品の種類に応じ管理や出し入れのしやすい方式を十分検討して,必要となる空間を確保することが重要である。
(2) 校内の清掃の方法等に応じ,掃除用具庫を適宜分散して計画することが望ましい。また,必要に応じ,施設・設備や庭園・緑地等の維持保全のための作業室を計画することも有効である。
(3) 各倉庫は,収納・管理する物品等の使用する場所と連絡のよい位置にそれぞれ計画することが望ましい。
(4) 備蓄倉庫を整備する場合には,防災担当部局と連携して,想定される災害に対して安全な場所に設置するとともに,必要な食料や毛布などの備蓄に必要となる空間を確保することが重要である。
(5) ごみ置き場は,分別収集に対応できる規模のものを,適切な位置に計画することが重要である。
(6) 機械室や電気室等は,幼児児童生徒の学習・生活空間から離れ,サービスのための動線との接続のよい位置に計画することが望ましい。

お問合せ先

大臣官房文教施設企画部施設企画課

指導第一係
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線2291),03-6734-2291(直通)

(大臣官房文教施設企画部施設企画課)

-- 登録:平成26年08月 --