「学校施設老朽化対策ビジョン(仮称)」中間まとめ 目次案

第1章 学校施設を取り巻く現状と課題

1.学校施設の役割

 (1)子どもたちの学習・生活の場
 (2)地域コミュニティや防災の拠点
 (3)公共施設の約4割を占める施設

2.学校施設の現状

 (1)学校を取り巻く状況
 (2)耐震化の進捗
 (3)様々な課題への対応
 (4)老朽施設の増加
 (5)国、地方の厳しい財政状況

3.老朽化対策の必要性

 (1)安全面
 (2)機能面
 (3)環境面
 (4)財政面

第2章 老朽化対策の基本的考え方

1.めざすべき姿

 (1)安全・安心で快適な施設の確保
 (2)教育環境の質的向上

2.施策の方向性

 (1)計画的整備
 (2)長寿命化
 (3)重点化

第3章 再生整備の具体的な進め方

1.PDCAサイクルによる施設整備

 (1)現状の適確な把握
 (2)計画の検討・策定
 (3)改修の実施
 (4)継続的な評価の実施

2.組織体制の充実

第4章 推進方策

 1.計画的整備の推進

 2.長寿命化の推進

 3.重点化の推進

第5章 今後の検討課題

お問合せ先

大臣官房文教施設企画部施設助成課

調査係
電話番号:03-5253-4111(代表)(内線2051)03-6734-2078(直通)

(大臣官房文教施設企画部施設助成課)

-- 登録:平成24年06月 --