独立行政法人日本学生支援機構の在り方に関する有識者検討会の開催について

平成24年4月18日
高等教育局長決定

1.趣旨

 独立行政法人の制度及び組織の見直しに関する議論等を踏まえ、独立行政法人日本学生支援機構(以下、「機構」という。)について、その機能を整理した上で、統合後の法人(※)への統合、事務・事業の他の主体への一部移管等、その具体的な在り方について検討を行う。
 この検討に当たり、独立行政法人日本学生支援機構の在り方に関する有識者検討会(以下、「検討会」という。)を以下の要領にて開催する。

(※)「独立行政法人の制度及び組織の見直しの基本方針」(平成24年1月20日閣議決定)において、大学入試センター及び大学評価・学位授与機構については統合するとともに、国立大学財務・経営センターを廃止し、その業務のうち当面継続されるものについて統合後の法人に移管することとされている。

2.検討事項

  1. 機構の実施する各事業の在り方について(機能の整理)
  2. 機構の組織の今後の在り方について
  3. その他必要な事項

3.実施方法

 検討会は別紙に定める有識者により構成する。なお、必要に応じて、ワーキンググループを開催することができるものとする。

4.設置期間

 平成24年4月18日から平成25年3月31日までとする。

5.庶務

 会議に関する庶務は、高等教育局学生・留学生課において処理する。

お問合せ先

高等教育局学生・留学生課

-- 登録:平成24年05月 --