ここからサイトの主なメニューです

「放射線安全規制検討会航空機乗務員等の宇宙線被ばくに関する検討ワーキンググループ」の開催について

平成16年6月17日
科学技術・学術政策局 原子力安全課 放射線規制室

資料1−1

1.

目的
 航空機乗務員等の宇宙線被ばくについては、平成10年6月の放射線審議会において、その測定方法、中性子線等に起因する線量評価等について、調査・検討を行い、国際的動向も考慮しつつ対応するよう意見具申がされている。
 航空機乗務員等における宇宙線被ばくに関して、これまでの研究成果や国際的な動向等も踏まえて検討を行うために、放射線安全規制検討会の下に航空機乗務員等の宇宙線被ばくに関する検討ワーキンググループを開催する。

2.

検討内容
 具体的な検討項目は以下のとおりとする。

(1)

航空機乗務員等の宇宙線被ばくに関する知見について

(2)

航空機乗務員等の宇宙線被ばくの管理について

(3)

その他、航空機乗務員等の宇宙線被ばくに関すること


3.

庶務
 ワーキンググループの庶務は、原子力安全課放射線規制室において処理する。




  「放射線安全規制検討会」の開催について
  航空機乗務員等の宇宙線被ばくに関する検討ワーキンググループ構成員
  (参考1−1)原子力安全規制等懇談会と本ワーキンググループについて(PDF:10KB)
  (参考1−2)放射線審議会における意見具申について(抜粋)
  (参考1−3)ICRP勧告(抜粋)

-- 登録:平成21年以前 --