ここからサイトの主なメニューです

第4回インフラメンテナンス大賞の公募を開始します!

令和2年2月14日

文部科学省は、総務省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、防衛省とともに、文教施設等の分野を含むインフラメンテナンスの優れた取組・技術開発を表彰する「第4回インフラメンテナンス大賞」の公募を開始します。

 インフラメンテナンス大賞は、日本国内の社会資本のメンテナンス(以下「インフラメンテナンス」という。)に係る優れた取組や技術開発を表彰するものです。表彰により、好事例として広く紹介することで、我が国のインフラメンテナンスに関わる学校設置者等の団体、研究者、事業者等の取組を促進し、メンテナンス産業の活性化を図るとともに、インフラメンテナンスの理念の普及を図ることを目的として実施するものです。

 次の各部門における優れた取組や技術開発を行った者に対して、有識者で構成される選考委員会での審査を経て、大臣賞、特別賞、優秀賞を決定します。
(ア)メンテナンス実施現場における工夫部門
(イ)メンテナンスを支える活動部門
(ウ)技術開発部門
※過去に本大賞に応募した取組や技術開発についても、以前の応募時のものと比べて新たな内容等がある場合(取組継続期間の延長も含む)には、再応募することができます。

 

第4回インフラメンテナンス大賞 公募概要

応募期間:令和2年2月14日(金曜日)~令和2年4月13日(月曜日)
応募方法:webフォーム又は郵送にて提出
応募書類、応募方法等の詳細については、以下URLを御参照ください。

(文部科学省大臣官房文教施設企画・防災部 施設企画課 施設マネジメント係)