ここからサイトの主なメニューです

科学技術・学術政策研究所「研究論文に着目した日英独の大学ベンチマーキング2019」報告書の公表について

令和2年3月26日

文部科学省 科学技術・学術政策研究所(NISTEP, 所長 磯谷 桂介)では、自然科学系を対象とした論文分析から英国やドイツと比べた日本の大学等部門の特徴や日本の大学の持つ個性(強み)の把握を行いました。
論文数の分布を3か国で比較すると、日本の上位大学の論文数は英国・ドイツより多いか同程度である一方、上位に続く層の大学(10位~50位程度)の論文数が両国と比べて少なく、分野別の論文数の順位を見ても上位に出現する大学が固定されています。大学の数に注目すると、日本には英国やドイツより論文数規模の小さい大学が多く、それらの中には特定分野において個性(強み)を持つ大学が多数存在しています。
日本の研究力の向上について検討する際には、このような日本の大学の特徴を踏まえた施策の検討が必要です。大学等における活用を想定して、一定の論文数を持つ日英独の大学について、大学ごとの状況を示したデータも併せて公開します。

報告書の詳細については、以下のリンクより御覧ください。
 

お問合せ先

文部科学省科学技術・学術政策研究所

科学技術・学術基盤調査研究室 担当:村上、伊神
電話番号:03-6733-4910(直通) 
ファクシミリ番号:03-3503-3996
メールアドレス:kiban_common@nistep.go.jp