ここからサイトの主なメニューです

学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果【速報値】について

令和元年8月30日

文部科学省では、初等中等教育における教育の情報化の実態等を把握し、関連施策の推進を図るため、「学校における教育の情報化の実態等に関する調査」を実施しています。
平成30年度調査結果について速報値を取りまとめましたので公表します。
調査結果については、市町村ごとのICT環境整備状況をわかりやすくグラフ化し地図で示しています。今後、ICTの利活用状況等も含め様々な分析を行い、確定値として10月に公表する予定です。

1.調査概要
(1)調査項目
    1学校におけるICT環境の整備状況
    2教員のICT活用指導力
    ※ ICT(Information and Communication Technology:コンピュータやインターネットなどの情報通信技術)
(2)調査対象
 ・ (1)1については、全国の公立学校(小学校、中学校、義務教育学校、高等学校、中等教育学校及び特別支援学校)
 ・ (1)2については、全国の公立学校の授業を担当している全教員
    ここでいう「授業を担当している教員」とは、各教科等の授業を定期的に担当している教員をいう。授業を一時的・臨時的に担当する教員は含まない。
(3)調査基準日
平成31年3月1日現在


2.調査結果の概要

                (  )は前回調査(平成29年度)の数値

 1学校におけるICT環境の整備状況
・教育用コンピュータ1台当たり児童生徒数                                                   5.4人/台 (5.6人/台)
・普通教室の無線LAN整備率                                                             40.7%  (34.5%)
・(参考)普通教室の校内LAN整備率                                                         89.6%  (90.2%)
・インターネット接続率(30Mbps以上)                                                         93.4% (91.8%)
・(参考)インターネット接続率(100Mbps以上)                                                    69.1% (63.2%)
・普通教室の大型提示装置整備率                                                           51.2%
・教員の校務用コンピュータ整備率                                                         120.6% (119.9%)
・統合型校務支援システム整備率                                                           57.2% (52.5%)
 2教員のICT活用指導力
・教材研究・指導の準備・評価・校務などにICTを活用する能力                                          86.2%
・授業にICTを活用して指導する能力                                                          69.7%
・児童生徒のICT活用を指導する能力                                                          70.2%
・情報活用の基盤となる知識や態度について指導する能力                                             80.5%
 その他の主な結果は、「平成30年度学校における教育の情報化の実態等に関する調査結果(概要)〔速報値〕」のとおり。

3.調査結果
 調査結果は、文部科学省及び「政府統計の総合窓口(e-Stat)」のウェブサイトに掲載。






お問合せ先

初等中等教育局情報教育・外国語教育課

(初等中等教育局情報教育・外国語教育課)