ここからサイトの主なメニューです

令和2年度WWL(ワールド・ワイド・ラーニング)コンソーシアム構築支援事業における「カリキュラム開発拠点校」の決定について

令和2年4月10日

 文部科学省では,Society 5.0に向けて,文理両方を学ぶ高校教育改革・高大接続改革を推進するリーディング・プロジェクトとして,令和元年度から本事業を開始しており,イノベーティブなグローバル人材を育成するため,先進的なカリキュラム開発を行う「カリキュラム開発拠点校」を中心に,国内外の大学,企業や国際機関等と協働し,グローバルな社会課題等から選んだテーマを通じた高校生国際会議の開催,大学教育の先取り履修等による学年や学校を超えたより高度な学びを提供する仕組み「アドバンスト・ラーニング・ネットワーク」の形成等を通じて,将来的にWWLコンソーシアムを構築しようとするものです。
この度,令和2年度の本事業の実施に向けて、新たに文部科学大臣の指定を受ける「カリキュラム開発拠点校」12校が決定しましたので,お知らせいたします。
 

1.事業の概要等

(1)事業概要

 文部科学省では,これまで実施してきているスーパーグローバルハイスクールの取組の実績や成果等を踏まえ,高等学校等と国内外の大学,企業や国際機関等が協働し,カリキュラムアドバイザーや外国人講師等も活用しつつ,グローバルな社会課題の解決等に向けた教科等横断的で探究的な学びを通じて,イノベーティブなグローバル人材の育成を目指すこととしています。
このため,先進的なカリキュラムの研究開発と実践(海外の連携校等との短期・長期留学や海外研修等をカリキュラムの中に体系的に位置付けること,留学生との英語による探究活動等を含む)を行う「カリキュラム開発拠点校」を文部科学大臣が指定する。
また,この拠点校を中心に,国内外の大学,企業や国際機関等と協働し,グローバルな社会課題等から選んだテーマを通じた高校生国際会議の開催や大学教育の先取り履修等,Society 5.0に向けて文理両方を学ぶことを含め,高度かつ多様な科目内容を生徒個人の興味・関心・特性に応じて履修可能とする学習プログラム/コースの環境整備など,高校生に高度な学びを提供する仕組み「アドバンスト・ラーニング・ネットワーク」の形成等を通じて,将来的にWWLコンソーシアムを構築しようとするものです。
 

(2)実施期間

 原則3年間(令和2年度~令和4年度)


(3)拠点校の対象

 国公私立高等学校及び中高一貫教育校(中等教育学校,併設型及び連携型中学校・高等学校)

2.令和2年度のカリキュラム開発拠点校

(1)カリキュラム開発拠点校の指定

令和2年度カリキュラム開発拠点校の指定校数

 12校を決定〔別紙1〕。(内訳)国立3校,公立6校,私立3校〔別紙2〕

カリキュラム開発拠点校について

 文部科学省が設置する外部有識者で構成する企画評価会議の審査において,一定以上の高い評価を得た構想について,原則として3年間,構想の実現に向けた教育課程の研究開発を行う「カリキュラム開発拠点校」として文部科学大臣が指定するものであり,先進的なカリキュラム開発・実践のほか,各拠点校の先駆的な取組等の情報共有や関係者が一堂に会する研究協議等の場への参加,文部科学省等が開催する「全国高校生フォーラム」での生徒による発表等の場への参加ができる。
 また、,企画評価会議からの助言等を受けることができ,これにより取組の更なる発展・充実を図ることができる。

(2)公募状況,審査及び決定方法等

公募状況

構想計画書の提出:18管理機関 (内訳)国立3機関,公立10機関,私立5機関

審査及び決定方法等

各管理機関から提出された構想計画書等について,企画評価会議において
ア)構想目的・目標の設定,
イ)「アドバンスト・ラーニング・ネットワーク」の形成,
ウ)研究開発・実践,
エ)実施体制の整備,
オ)財政支援,

などの審査項目による審査を実施し,一定以上の高い評価を得た機関の得点上位の拠点校12校を「カリキュラム開発拠点校」として決定。
 なお,各構想計画書の概要,企画評価会議の構成員,採択機関との委託契約情報など,本事業に関する情報提供は文部科学省のホームページにて随時公表予定。

お問合せ先

初等中等教育局参事官(高等学校担当)付高等学校改革推進室
03-5253-4111(代表)/03-6734-3300(直通)

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。

(初等中等教育局参事官(高等学校担当)付高等学校改革推進室)