ここからサイトの主なメニューです

主権者教育(政治的教養の教育)に関する実施状況調査の結果について

令和2年3月24日

 文部科学省では、今後の主権者教育の推進に資するため、高等学校等における主権者教育の実施状況を把握しました。その結果が取りまとまりましたので、公表いたします。

1.調査の概要

調査対象

(1)国公私立高等学校等(特別支援学校高等部、中等教育学校含む)を対象とした抽出調査(任意回答)
   有効回答数1,299課程
(2)全都道府県・指定都市教育委員会

調査項目

(1)学校における主権者教育の実施状況
  (実施した教科等、実施内容、指導時間数、関係団体との連携状況)
(2)教育委員会による高等学校等への支援状況

実施時期

令和元年12月~令和2年1月
 

実施方法

民間企業に委託してオンライン調査として実施

 

2.調査結果の主な概要

・令和元年度に第3学年に在籍する生徒に対する主権者教育の実施状況は、約96%であり、ほぼ全ての学校で取り組まれている。
・具体的な指導内容について、「公職選挙法や選挙の具体的な仕組み」を指導している学校が約85%、「模擬選挙等の実践的な学習活動」を行っている学校が約47%、「現実の政治的事象についての話し合い活動」を行っている学校が約34%となっている。
・指導に当たっての連携状況について、関係機関等と連携した学校が約52%となっている。

3.今後の対応

・調査結果を踏まえ、学校や教育委員会における特徴ある取組、副教材を活用した授業事例等を収集する。
・上記について、都道府県・指定都市教育委員会に会議等を通じて、共有したり周知したりするなどして、各学校や教育委員会における主権者教育の推進を図っていく。

お問合せ先

初等中等教育局教育課程課教育課程総括係
 電話番号:03-5253-4111(代表)(内線)2073

Get ADOBE READER

PDF形式のファイルを御覧いただく場合には、Adobe Acrobat Readerが必要な場合があります。
Adobe Acrobat Readerは開発元のWebページにて、無償でダウンロード可能です。