ここからサイトの主なメニューです

科学技術・学術政策研究所「サイエンスマップ2018」報告書の公表について

令和2年11月25日

科学技術・学術政策研究所(NISTEP)では、論文データベース分析により、国際的に注目を集めている研究領域を俯瞰したサイエンスマップを作成し、世界の研究動向と日本の活動状況の分析を実施しています。このたび、最新版となる「サイエンスマップ2018」(2013~18年の論文を対象)の結果がまとまりましたので、お知らせします。
サイエンスマップ2018では902の国際的に注目を集めている研究領域が見いだされました。日本の参画領域数はサイエンスマップ2016の299領域から25領域減少し、参画領域割合は30%となりました(サイエンスマップ2016から3ポイント減少)。中国の先導により形成される研究領域数が拡大していますが、現状では中国内での引用が多い状況です。
今回のサイエンスマップでは、人工知能が関係している研究領域の動向、社会科学等が関係している研究領域の動向の分析も行いました。また、インタラクティブにサイエンスマップの表示が可能なウェブ版も併せて公開します。



報告書の詳細については、以下のリンクより御覧ください。

お問合せ先

文部科学省科学技術・学術政策研究所

科学技術・学術基盤調査研究室 担当:伊神、山下
電話番号:03-6733-4910(直通)
ファクシミリ番号:03-3503-3996
メールアドレス:sciencemap@nistep.go.jp