ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第10章   情報化の進展と教育・学術・文化・スポーツ
第3節   学術情報の円滑な流通に向けて
3   電子図書館的機能の充実・強化


学術情報の急激な普及に伴い、学術情報流通体制の一環を担う大学図書館の電子図書館的機能の充実・強化が必要である。

文部省では、従来から、学術情報センターにおいて、学術雑誌などを電子入力し、ネットワーク上で各大学へ提供するための電子図書館システムの実証的な研究開発を行ってきたが、平成9年度から、学会誌を対象に、ネットワークを介して大学等の研究者に提供する「電子図書館サービス」を開始した(2-10-4 )。

また、今後の大学図書館の電子図書館的機能強化のモデルの一つとして、奈良先端科学技術大学院大学に電子図書館の整備を行い、学内利用者に対してのサービスを実施しているが、今後とも、各大学図書館の参考となるような先導的プロジェクトを奨励・支援するため、平成9年度は筑波大学、京都大学の電子図書館化を推進する。

2-10-4 電子図書館システムの概念図


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ