ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第9章   教育・文化・スポーツの国際化に向けて
第4節   人づくり等に貢献する国際協力
1   開発途上国への協力


我が国に対しては、開発途上国からの、人づくりに対する協力の要請が増大している。文部省では、開発途上国の人づくりに対する協力のため、外国人留学生の受入れやユネスコ等の国際機関を通じた協力等を実施するとともに、工学、農学、医学、教育学の各分野ごとの「開発援助大学間等協議会」の設置、国立大学における国際開発援助関係の研究科等の設置、(財)国際開発高等教育機構(FASID)の開発援助分野の人材養成事業への助成、国際協力事業団(JICA)の技術協力事業等を通じた専門家等の派遣(平成8年度568人)や外国人受託研修員の受入れ(同年度446人)への協力等を行っている。

また、文部省では、平成7年12月に「時代に即応した国際教育協力の在り方に関する懇談会」を開催し、8年6月に、開発途上国に対する教育協力を効果的・効率的に推進するための基本的方向や方策等について報告を取りまとめた。その中では、教育協力に対する教育関係者の意識の醸成の必要性を指摘するとともに、関係機関との連携・協力の強化、教育協力のための事務、情報収集・活用体制の整備、国際協力センター(仮称)の設置、教職員の派遣の促進、開発途上国からの研修員受入れ体制の整備、開発援助人材の養成等の重要性が記されている。これを踏まえて、9年4月、広島大学に教育開発国際協力研究センターを設置するなど、教育協力を推進するための施策を実施している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ