ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第8章   文化立国を目指して
第8節   国立文化施設の整備
5   新しい国立文化施設の整備


情報化、国際化の進展等社会状況に対応するとともに、高度化しつつある国民の芸術文化への関心にこたえるために、新たな観点に立った新しい国立美術展示施設等の整備を図っていくことが課題となっている。

このため、平成元年度から新しい美術展示施設(ナショナル・ギャラリー)等総合文化施設の在り方に関する調査研究を実施し、基本構想、基本計画の策定などを行ってきた。

平成9年度においては、これまでの調査研究の成果を踏まえ、建築設計準備調査(建築設計者選定要項の作成、審査等)を進めている。

新構想の博物館である九州国立博物館(仮称)については、平成8年3月に「新構想博物館の整備に関する調査研究委員会」が取りまとめた「新構想博物館の整備に関する調査研究について」の中間報告などを踏まえ、その設置候補地を「九州の太宰府」に決定し、設置に向けての調査を行っている。9年度は、博物館基本計画の策定に着手している。

また、国立組(くみ踊おどり)劇場(仮称)については、平成9年4月に「沖縄特別振興対策調整費」の配分を受け、「国立組踊劇場(仮称)の在り方に関する調査研究協力者会議」を開催するなど、具体的な調査研究に着手している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ