ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第7章   スポーツの振興
第3節   世界の頂点を目指す競技スポーツの振興
3   プロスポーツの振興のために


近年、Jリーグ、プロ野球、大相撲、プロゴルフ等のプロスポーツに対する国民の関心が一層の高まりを見せている。これらのプロスポーツは、「みるスポーツ」として国民各層に広く支持されており、特に、青少年に対してスポーツへの興味、関心を深め、スポーツの裾(すそ野の)を広げる役割を果たしている。また、プロスポーツ選手の高度な技術はスポーツ全体の競技力の向上にも貢献するなど、プロスポーツの持つ意義は極めて大きい。


(1) プロスポーツ振興への支援

文部省では、保健体育審議会答申(平成元年11月)を受けて、プロスポーツの健全な発展を支援するための施策に積極的に取り組んでいる。

平成2年12月、プロスポーツの統括団体として、(財)日本プロスポーツ協会の設立許可を行うとともに、プロスポーツ分野における多年にわたる功労者に対して文部大臣顕彰を行っている。8年度からは、プロスポーツ史上特に優れた成果を上げた現役の選手に対しても顕彰を行っており、プロゴルフの尾崎将司さん、プロテニスの伊達公子さんの2名を顕彰した。さらに、プロゴルフなどプロスポーツの選手権大会等に対して、文部省が後援を行うとともに、優勝者への文部大臣杯の授与などを行っている。


(2) アマ・プロスポーツの交流について

近年、オリンピック競技大会等の国際競技大会においても、一部の競技、例えばサッカー、バスケットボールなどの競技において、プロスポーツ選手の参加が認められている。

このような状況の中、プロスポーツとアマチュアスポーツとの連携・協力を推進する必要があり、平成6年度から、選手育成、指導者の交流等について研究協議を行うアマ・プロスポーツ交流会議を開催している。

長野オリンピック冬季競技大会ボブスレー・リュージュ会場(スパイラル)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ