ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章   初頭中等教育の一層の充実のために
第2節   子どもたちが主体的に学び生きる力を育てる教育の推進
1   教育過程の改善充実



(1) 子どもたちが主体的に学び生きる力を育てる教育の推進

今日、国際化、情報化、科学技術の進展など、社会の各方面で様々な変化が進んでいる。子どもたちが生きる社会では、これらの変化はますます拡大し、加速化することが予想されている。

また、教育や子どもたちの生活をめぐっては、知識を教え込む教育に陥りがちであるといった指摘や、子どもたちの自然体験、生活体験などが不足しがちになっているなどの指摘がなされている。

このような状況を踏まえ、学校教育においては、子ども一人一人がこれからの社会の中で、生涯にわたって、心豊かに主体的、創造的に生きていくことができる資質や能力を育成することが極めて重要な課題になっているのである。

そこで、各学校で編成・実施されている教育課程の基準である学習指導要領も平成元年に、

1) 心豊かな人間の育成、
2) 基礎・基本の重視と個性教育の推進、
3) 自己教育力の育成、
4) 文化と伝統の尊重と国際理解の推進、

の四つの方針の下に改善が図られた。具体的には、例えば、小学校低学年の生活科の新設、高等学校の社会科の地理歴史科と公民科への再編成、中・高等学校の選択履修の幅の拡大、発達段階に応じた重点化など道徳教育の充実などの改善が行われた。

各学校においては、この学習指導要領の趣旨を実現するため、自ら学ぶ意欲や思考力、判断力、表現力などの資質や能力を重視する新しい学力観に立って、個に応じた指導の充実、体験的な学習や問題解決的な学習の工夫、ティーム・ティーチングなどによる指導の推進等、学校の実態等に応じた種々の工夫改善が進められている。

文部省では、学校における取組を推進するため、各学校段階ごとに、教育課程運営改善講座等の各種研修会の実施、教師用指導資料の作成、教育課程研究指定校等の各種研究指定校とその研究成果の普及などの諸施策を講じている。


(2) 21世紀に向けた教育内容の検討

初等中等教育の教育課程の基準については、これまで、社会の変化や教育課程の実施の経験などを踏まえ、およそ10年ごとに改訂してきている。

文部省では、21世紀に向けた幼稚園から高等学校までの教育内容について、現在、教育課程審議会において審議を行っている。

教育課程審議会においては、中央教育審議会の答申を踏まえ、完全学校週5日制の下で、各学校がゆとりのある教育活動を展開し、一人一人の子どもたちに自ら学び自ら考える力などの「生きる力」を育成するための教育内容の在り方について検討を進めている。

具体的な検討事項の例としては、次のようなものが挙げられる。

・ 完全学校週5日制の下での教育内容の厳選と授業時数の縮減
・ 正義感や思いやりなど豊かな人間性や創造性の育成
・ 我が国の文化と伝統の尊重や国際化、情報化、環境の問題など社会の変化に対応した教育内容
・ 中学校、高等学校における選択学習の幅の一層の拡大
・ 「総合的な学習の時間」の設定など、横断的・総合的な学習の推進
・ 特色ある学校づくりを推進するため、各学校の創意工夫が十分発揮できるような工夫

教育課程審議会の審議については、平成9年秋に教育課程の基本的な枠組み等を示した中間まとめを公表し広く国民の意見を聴き、その後1年を目途に、各学校段階ごと、各教科等ごとの具体的な改善内容について検討を行い、新しい教育内容について結論を得ることとしている。

文部省においては、その結論を踏まえ、学習指導要領を改訂することとしている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ