ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   未来を拓く学術研究
第2章   学術振興の基本施策
第2節   学術研究の推進を担う研究組織の機能を高めるために


我が国において、学術研究を任務として研究活動を展開している組織は、大学やこれと一体的な研究所及びこれらの内部に置かれている各種の研究組織である。これらは、それぞれ独自の研究目的の下に、前節で述べた

1) 研究人材、
2) 研究費、
3) 研究施設・設備、
4) 学術情報・資料

等の諸要素を有機的に結合した研究組織と言うことができる。

本節においては、このような研究組織が、学術研究の動向や社会の変化に対応しながら、その機能を十分に発揮し、高い研究水準を維持するための施策について概観する。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ