ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   未来を拓く学術研究
  はじめに
2   学術研究を取り巻く状況はどのようになっているのか
(3)   科学技術基本法・科学技術基本計画による科学技術創造立国


このような意識の高まりや状況の変化を背景に、我が国においては、平成7年11月、「我が国における科学技術水準の向上を図り、もって我が国の経済社会の発展と国民福祉の向上に寄与するとともに世界の科学技術の進歩と人類社会の持続的な発展に貢献すること」(第1条)を目的とする、議員提案による科学技術基本法が、国会において全会一致で可決・成立した。その後、8年7月に、同法に基づく科学技術基本計画が策定(閣議決定)され、科学技術創造立国に向けての施策が総合的かつ計画的に推進されている。このような取組の中で、最も重視されている課題の一つは、基礎的・創造的な研究開発の強化であり、基礎研究の中心的な担い手である大学等の役割は極めて大きい。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ