ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   未来を拓く学術研究
  はじめに
1   学術研究は何のために行われ、その成果は誰のものか
(2)   教育・人材養成と一体的に推進


大学は、学術研究を発展させるとともに、その成果を体系的に教育す ることにより、次代を担う人材を養成するという大きな使命を果たして いる。大学は、学部等において幅広い教養と専門的な能力を身に付け て、社会で活躍する人材を輩出し、あわせて、大学院や大学と一体的な研究所等において、学術研究の発展を担う若手研究者を養成している。アメリカをはじめ多くの先進諸国において近年出された政府の報告書などでは、大学が社会に一層開かれることが重要であると指摘し、研究面でも、人材養成・研修面でも、産業界との連携・協力を強化するよう求めると同時に、次代を担う人材の養成・教育という大学の基本的な役割の充実が強調されている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ