ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第11章   情報化の進展と教育・文化・スポーツ
第1節   情報化進展に対応した文教施設の推進


いわゆる「マルチメディアパソコン」やインターネット、パソコン通信の爆発的な普及など、情報化はこの1年間で更に急激に進展し、その変化は、一部の企業などを対象とするのみではなく、個々の家庭や個人の生活にまで深く影響を与える大きなものとなっている。また、マルチメディア技術の進展や光ファイバー網等の情報通信基盤の整備、デジタル化による通信衛星の多チャンネル化などにより、マルチメディアの新しい利用形態が次々に考案されてきており、今後も、様々な場面での利用の可能性を予見させている。

文部省では、従来から、情報化の進展に対応し、小・中・高等学校への教育用コンピュータの導入や大学の学内lanの整備、情報教育の充実、学術情報ネットワークや生涯学習情報提供システムの整備等の各種施策を展開してきた。

しかしながら、このような急速な情報化の進展に、より適切に対応するため、平成6年6月から、有識者からなる「マルチメディアの発展に対応した文教施策の推進に関する懇談会」を開催して検討を重ね、7年1月に報告を取りまとめた。また、情報化の進展に政府全体で適切に取り組むため、内閣の高度情報通信社会推進本部において、7年2月「高度情報通信社会推進に向けた基本方針」を定めた。

文部省では、この基本方針を受け、先の懇談会の報告等に基づいて、平成7年8月、「教育・学術・文化・スポーツ分野における情報化実施指針」を策定し、教育・学術・文化・スポーツの各分野ごとの基本的な取組方針と具体的な取組施策を定めた。

文部省では、この基本方針や実施指針に基づき、教育・学術・文化・スポーツの質的充実のために、マルチメディアの積極的な活用を進めるとともに、教育において、情報処理・活用能力の育成や専門的人材の育成を図るなど、情報化に対応した施策を積極的に推進している。

「教育・学術・文化・スポーツ分野における情報化実施指針」の概要

教育・学術・文化・スポーツの各分野ごとに、基本的な取組方針を定めるとともに、以下のような具体的な取組施策を定めている。

・ 学校への教育用コンピュータの計画的整備等の物的条件整備
・ 教育用ソフトウェアの研究開発や学校への整備の推進
・ 教員等指導者の養成や研修の充実
・ マルチメディア、特に衛星通信や光ファイバー等高度情報通信ネットワークを活用した教育方法等の研究開発とその推進
・ マルチメディアを活用した各種情報提供体制の整備
コンピュータネットワークを利用した文教行政の広報

文部省では、文教行政に関する情報を積極的に発信し、幅広い理解を得るとともに、行政サービスの向上を図るため、平成8年3月から、インターネット上にホームページを開設した。文部省の仕事の概要や各文教行政分野における取組の概況、文教関係の各種データ等を紹介するとともに、文教施策に関するニュースやイベント情報を提供している。また、各国立大学のホームページにもリンクが可能となっている。

ホームページ・アドレス:http://www.monbu.go.jp/(半角入力)

また、パソコン通信を利用した文教行政に関する情報の提供を、平成8年7月から行っている。

パソコン通信:goコマンド(nifty-serve)monbusho

パソコン通信:jコマンド (pc-van)monbusho

今進められている教育改革の内容などをインターネットを用いて紹介(文部省ホームページより)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ