ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第10章   教育・文化・スポーツの国際化に向けて
第2節   国際社会に生きる日本人の育成
1   国際理解教育の推進


国際社会の中で主体的に生きる日本人を育成することが学校教育においても重要となっていることから、平成元年に告示された学習指導要領の改訂の基本方針の一つに、国際理解教育の推進と我が国の伝統と文化の尊重を挙げ、教科等の内容を改善した。各学校においては、教科学習ではもちろんのこと、特別活動等の中でも、例えば姉妹校交流や地域の国際交流活動に参加するなど、様々な取組が行われており、文部省としても国際理解教育が一層推進されるよう、日本人高校生と外国人留学生の交流事業等を実施している。

大学、短期大学においても、国際関係の分野を対象とする学部・学科が増加する傾向にある。例えば、大学の学科・課程等の名称に「国際」の語を使用しているものは、平成8年度では89大学108学科・課程等となっている。

社会教育の分野では、青年学級・教室、婦人学級、家庭教育学級、成人大学講座などにおいて国際理解に関する学習内容を取り上げている。また、平成5年度からは、地域の国際理解に関する学習や交流・交歓事業を総合的に促進し、新しいコミュニティの形成に寄与する地域国際交流促進事業を実施している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ