ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第8章   スポーツの振興
第1節   スポーツの振興の在り方
2   スポーツ振興の基本的な方向


文部省がスポーツ振興施策を進める上で基本となっているのは、保健体育審議会答申「21世紀に向けたスポーツの振興方策について」(平成元年11月)の提言である。この答申では、スポーツ施設の整備充実、生涯スポーツの充実、競技スポーツの振興などの施策を提言している。

このほか、答申では、新たに推進すべき施策として、スポーツの国際交流の拡充、アマチュアスポーツとプロスポーツの連携方策の推進、民間からの寄附等による基金の創設によるスポーツ振興のための資金の充実などが提言されている。

文部省では、この答申を受けて、スポーツ振興のための諸施策を積極的に進めている。その代表的な例としては、平成2年12月に特殊法人日本体育・学校健康センターに設置されたスポーツ振興基金があり、国の施策と併せて我が国のスポーツ振興に大きな役割を果たしている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ