ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第7章   学術研究の振興
第6節   基礎研究の重点的な推進
9   南極・北極から地球を見る-極地研究の推進-


南極域及び北極域は、大気や海洋の大循環により地球規模の環境変動が顕著に現れる地域であり、世界的な課題である地球環境問題解決のため、両極域の観測・研究さらには両極域の比較研究の推進に大きな期待が寄せられている。


(1) 南極地域観測事業の推進

昭和32年の国際地球観測年を契機に開始された我が国の南極地域観測事業は、文部省に「南極地域観測統合推進本部」(本部長 文部大臣)を置き、関係省庁の協力を得て、国立極地研究所が中心となって実施している。南極での観測活動は南極条約に基づいて行われており、国際協力の要素を強く持っている。

我が国は、昭和31年に第1次観測隊が出発して以来、オーロラ発生機構の解明、南極隕石(いんせき)の発見等多くの成果を上げている。現在は、第37次観測隊が昭和基地を中心に、海洋、気象、電離層等の定常的な観測のほか、地球規模の気候変動の解明を目的とした地球環境のモニタリング研究観測等を行うとともに、ドームふじ観測拠点で古環境を探る氷床コアの掘削を実施している。さらに、第38次観測隊は平成8年11月に南極観測船「しらせ」で出発する予定である。


(2) 北極圏研究

北極域は環境や気候の変化に最も早く最も敏感に反応することが、多くの数値実験からも示されており、北極圏研究の重要性が認識されている。

文部省では、平成2年国立極地研究所に北極圏環境研究センターを設置し、温室効果ガスやオゾンの地球規模の変動メカニズムの研究及び北極圏環境観測国際共同研究等を実施しており、同研究所は北極に関する学術分野の国際共同研究について我が国の窓口としての機能を果たしている。

また平成8年度から、我が国はeiscat(欧州isレーダー科学協会)に加盟し、太陽風エネルギーの地球規模変動観測に参画している。

太陽風エネルギーの地球規模変動観測のための日本及び欧州6か国の協力により建設された is (非干渉散乱)レーダー(ノルウェー スバールバル諸島スピッツベルゲン島)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ