ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第6章   社会教育の新たな展開を目指して
第3節   青少年教育の充実
2   青少年教育施設の整備


豊かな自然の中での集団宿泊活動を通じて、青少年に多様な生活体験・活動体験の機会を提供する国立青少年教育施設は、全国に27か所設置されており、公立青少年教育施設のモデルとして、先導的な事業や運営の実施・普及や青少年の広域的な交流活動の拠点等の役割を果たしている。青少年の学校外活動の重要性が指摘される中、各施設は、「国立青年の家・少年自然の家の在り方に関する調査研究協力者会議」の報告(平成7年7月)に基づき、

1) 青少年の自主性を育てる、
2) 学社融合を目指して、
3) 地域の中核に、

の3点を基本的方向として、改善・充実に努めている。また、公立の青少年教育施設は、平成5年現在、全国に705か所設置されており、文部省では、このうち公立少年自然の家の整備に対し、補助を行っている。

以上のほか、我が国の青少年教育の中核的な施設として、国立オリンピック記念青少年総合センターが設置されており、各種の研修事業を行うとともに、青少年の科学技術離れに対応した事業など、現代的課題に対応した先導的な事業を行っている。また、現在同センターは、「21世紀における国内及び国際的な青少年の交流と学習を進めるための青少年の総合センター」としての機能の充実を図るため、総合的・計画的に整備を進めており、平成8年度においては、学習・情報ゾーン、スポーツゾーンの建設(4年計画の2年次目)を進めるとともに、カルチャーゾーン等の実施設計(2年計画の2年次目)を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ