ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第4章   高等教育の多様な発展のために
第3節   高等教育の高度化・個性化・活性化のために
7   高等専門学校の整備



(1) 現状

高等専門学校は、中学校卒業者を対象として、実験・実習を重視した5年間一貫の専門的な教育を実施することを特徴とする高等教育機関である。

工業の分野を中心に、現在、国立54校、公立5校、私立3校の計62校が設置されており、その教育成果は、産業界から高い評価を得ている。

卒業者には大学への編入学の道が開かれており、平成7年3月の高等専門学校卒業者のうち約22%に当たる2,183人が、長岡・豊橋の技術科学大学をはじめとする国公私立大学に編入学している。


(2) 最近の施策

平成3年2月の大学審議会答申「高等専門学校教育の改善について」を受け、従来は工業と商船に限られていた分野を他の分野へも拡大するとともに、専攻科制度の創設、卒業者に対する準学士の称号の創設などの制度改正を行った。

また、最近の科学技術の高度化などや、産業界からの高等専門学校卒業者に対する強い人材需要にこたえるため、学科の新設・改組や専攻科の設置を積極的に進めてきている。

国立高等専門学校においては、平成8年度には、富山商船高等専門学校に国際流通学科を新設したほか、函館工業高等専門学校ほか5校において、工業化学科を物質工学科等へ、土木工学科を環境都市工学科等へ改組・転換を行った。さらに、沼津、明石、阿南、北九州工業高等専門学校に専攻科を設置した。

公・私立高等専門学校では、東京都立工業高等専門学校が生産システム工学科及び電子情報工学科を設置した。また、札幌市立高等専門学校が専攻科を設置した。

なお、平成8年度までに17の高等専門学校に専攻科が設置されたが、これらの専攻科はすべて学位授与機構の認定を受けており、その修了者は、一定の要件を満たせば同機構から学士の学位を授与される。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ