ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第4章   高等教育の多様な発展のために
第3節   高等教育の高度化・個性化・活性化のために
6   医療関係者養成の在り方の改善・充実について



(1) 21世紀医学・医療懇談会

近年、学術研究の急速な進歩、高齢化社会の進展、疾病構造の変化など、我が国の医学・医療を取り巻く環境は大きな変革期を迎えている。このような状況から、文部省では、来たるべき21世紀における我が国の医学・医療の姿を見据え、新しい時代に対応した教育・研究・診療の進展を図る上で必要な諸方策について検討を行うため、平成7年11月に「21世紀医学・医療懇談会」を発足させ、8年6月に第一次報告「21世紀の命と健康を守る医療人の育成を目指して」を公表した。

同報告においては、今後の医療人(医師、歯科医師、薬剤師、看護婦(士)など医療の担い手を総称した用語として「医療人」を用いている。)育成の在り方として主に下記の3点を挙げている。


1) 医療人としての能力、適正に留意した大学入学者選抜

単に「受験学力」が高いから医学部等への進学を決めるのではなく、医療人として活躍するに十分な能力を持ちつつ、明確な目的意識を持った者が、医療人になれるような人材選考システムを作ることが必要である。


2) 人間性豊かな医療人の育成

医療人には、幅広い教養を持った感性豊かな人間性、人間性への深い洞察力、倫理観、生命の尊厳についての深い認識などを持つことが強く求められている。このため、医療人育成における人間教育、教養教育の重視を徹底する必要があり、人間的に成熟し幅広い教養教育を修得した後に、医療に関する専門的な教育を行うことも考えられる。


3) 臨床実習の充実

国民が望む人間中心の医学・医療を推進することが重要であり、この観点に立って医療人に求められる態度・技能・知識を修得する必要がある。特に、医療人育成において臨床実習は、患者の疾病の状況や家族的・社会的背景、疾病の治療の実態、患者やその家族と医療人との関係、医療チームの構成員間の関係などを理解する上で極めて有益であり、その中で医療人に求められる態度・技能・知識や価値観などが修得されていくものである。

また、患者中心、患者本意の立場に立った医療人育成のためには、講座制の枠にとらわれないカリキュラム編成、インフォームド・コンセントやチーム医療の重視など、教育内容及び方法の改善が強く求められている。

さらに、大学以外の医療機関等の優れた人材が医療人育成に参加・協力できる制度の創設等が盛り込まれている。

文部省では、本報告を受けて医療関係者養成の在り方を充実させていくこととしている。なお、本報告の全文は、文部省のホームページ:http://www.monbu.go.jp/に掲載されている。


(2) 薬学の改善について

薬剤師の資質向上や創薬研究の推進への社会の期待が高まるなど薬学教育を取り巻く社会環境の変化を受け、文部省では「薬学教育の改善に関する調査研究協力者会議」において、今後の薬学教育の在り方等について検討を行い、平成8年3月に最終報告を取りまとめて公表した。この報告では、薬科大学における当面の薬学教育の改善方策として、学部段階における医療薬学教育の充実を含めた抜本的なカリキュラム改革と、大学院修士課程における医療薬学専攻等の量的・質的整備を提言しており、文部省では、今後本報告に沿って薬学教育の改善・充実を推進していくこととしている。


(3) 看護婦等医療技術者の養成

近年の保健医療を取り巻く環境の変化等に対応して、看護婦、臨床検査技師、診療放射線技師等の医療技術者についても、幅広い知識と高度の技術を有する人材や指導者の養成が期待されている。特に、看護婦養成については、大学等における看護学教育等が専門職の基礎教育としてますます重要となっており、近年、急速に看護婦養成大学の設置が進められている。このため文部省では、平成8年8月に保健婦助産婦看護婦学校養成所指定規則を改正し、教育内容に関する規定の大綱化等を図った。今後、各大学においては、看護学教育充実のため、特色ある教育課程を編成することが期待される。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ