ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第4章   高等教育の多様な発展のために
第2節   大学入学者選抜の改善
2   特色ある多様な入学者選抜の実現



(1) 各大学における入学者選抜の工夫改善

各大学の入学者選抜においては、それぞれの大学・学部の目的、特色や、専門分野等の特性に応じ、評価尺度を多元化・複数化し、受験生の能力・適性等を多面的に判定する方向で、工夫改善に努めることが重要である。このような観点から、近年、学力検査だけでなく、面接、小論文、実技検査、リスニング等を実施する大学や、推薦入学、帰国子女・社会人等を対象とする特別選抜を導入する大学が多くなってきている。

また、商学・工学・農学・水産学・家政学・看護学等に関する大学・学部で、その目的、特色、専門分野等から見て適当と思われる場合に、入学定員の一部について、専門高校卒業生を対象とする選抜(平成8年度〜)、同様の趣旨で、総合学科の卒業生を対象とする選抜(平成9年度〜)が新設され、各大学でその実施について検討が進められている。

なお、国立大学においても、大学入試センター試験のほかは学力検査を課さず、面接や小論文だけで選抜を行う大学が増えつつある。ある大学の医学部では、知力に偏重した入試ではなく、知・徳・体を身に付けた医師としての資質を持った学生の選抜を目的に、大学が独自に作成した調書にボランティア活動やスポーツ活動等を記載させ、入学志願者の高校時代の学力以外の種々の活動を評価する選抜を実施している(2-4-4 )。

さらに、平成9年度からの各大学の学力検査等においては、新学習指導要領が重視する自ら学ぶ意欲の育成や、思考力、判断力、表現力等の適切な評価が求められている。


(2) 国公立大学の受験機会の複数化の改善

国公立大学の受験機会の複数化を図るため、昭和62年度入試から「連続方式」(個別の大学がa日程又はb日程のいずれかの日程により、試験を1回実施する方式)が導入され、平成元年度入試からは、この方式に加えて「分離・分割方式」(個別の大学が学部の定員を分割し、試験を2回実施する方式)も併用されている。なお、国立大学は9年度入試から、公立大学は11年度入試から、原則として「分離・分割方式」に統一することとしている。

2-4-4 多様化が進む国公立大学の入試


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ