ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章   初等中等教育のより一層の充実のために
第7節   障害に配慮した教育
2   新たな課題に対応した特殊教育の充実



(1) 病気療養児の教育の充実

病気のため病院等に入院している病気療養児の教育については、近年、病気の種類や治療法等の変化、また、入院期間の短期化や入退院を繰り返す等の傾向があり、その改善が求められている。このため、平成5年度から調査研究協力者会議において検討を行い、6年12月に入院中の病気療養児の実態把握、適切な教育措置の確保、病気療養児の教育機関等の設置などが必要であるとのまとめが報告された。

このまとめの趣旨を推進するため、引き続き調査研究を行うとともに、病弱教育における教科指導の手引の作成などを進めている。


(2) 学習障害児への対応

学習障害児への指導については、平成4年度から調査研究協力者会議において検討を行ってきている。7年3月に 学習障害 【用語解説】の定義、実態把握の方法及び指導の基本的な在り方等について中間報告を取りまとめたが、引き続き、適切な指導の形態等について調査研究を進めている。

また、8年3月には、学習障害児に対する教職員の理解啓発のためのリーフレットを作成し、各小・中学校等に配布した。

さらに、平成8年度から、学習障害に関する専門的知識等を有する巡回相談員が、小・中学校の教員に対して学習障害児に対する指導内容・方法に関する指導助言を行う学習障害児等指導相談事業を実施している。


<学習障害(learning disabilities)>

学習障害とは,知的な発達に全体的な遅れはなく,聞く,話す,読む,書く,計算する,推論するなどの多くのことが他の子どもたちと同じようにできるのにもかかわらず,ある特定のことに著しい困難を示す状態を指すものである。視覚,聴覚などの障害や,家庭,学校などの環境が原因で二次的に生じる学習上の困難はこれに含まれないが,こうした障害や環境と重なって生じる場合はある。[


(3) 盲・聾・養護学校高等部における職業教育等の充実

障害のある生徒の社会的な自立を図るためには、盲・聾・養護学校高等部における職業教育や進路指導の改善・充実を図ることが求められている。

このため、平成6年度から盲・聾・養護学校高等部における職業教育等の在り方について調査研究を行い、8年3月にこれらに関する課題や今後の方策について報告した。

さらに、平成8年度から新たに、盲・聾・養護学校高等部の生徒の卒業後の職業的な自立を推進するため、労働関係機関、企業等との連携体制の在り方などについての実践的研究を実施している。


(4) 特殊学級における教育の充実

小・中学校の特殊学級における教育の改善と充実を図るため、平成7年度から、特殊学級を設置している学校長を対象に、指導体制その他の学校経営についての研修を行っている。また、8年度から、盲・聾・養護学校との連携・協力の下に、特殊学級における指導の専門性を向上させるための特殊学級教育研究推進地域の指定を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ