ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章   初等中等教育のより一層の充実のために
第4節   生き方指導としての進路指導
1   中学校における進路指導の改善


進路指導は、生徒が自らの生き方を考え、将来に対する目的意識を持ち、自分の意思と責任で自分の進路を選択決定する能力・態度を身に付けることができるよう、指導・援助することである。そのため、中学校においては、業者テストの偏差値等に依存することなく、学校の教育活動全体を通じて的確に把握した生徒の能力・適性、興味・関心や将来の進路希望等に基づき、また、進学しようとする高等学校や学科の特色等を生徒が十分理解した上で指導を行うことが必要である。

しかしながら、中学校における進路指導は、業者テストの偏差値等に過度に依存したものとなり、大きな問題となっていた。

このため、文部省としては、平成5年2月に、各都道府県教育委員会等に対し通知を出し、中学校の進路指導は業者テストによる偏差値等への依存を改め、生徒一人一人の能力・適性等を考慮した本来の進路指導に立ち返るよう求めた。さらに、この趣旨を徹底するため、都道府県教育委員会の関係者を集めた会議や中学校の教員を対象とした研修会を開催するとともに、進路指導の改善に参考となる具体的な事例を掲載した指導資料を作成した。

現在、各都道府県においては、業者テストの偏差値に依存しない進路指導に向けた取組が進められている。

これからの進路指導の在り方を考える場合、単に業者テストを使わないということだけでなく、人間としての生き方に関する指導という観点に立って、中学校の3年間を通じて計画的、継続的、組織的に進路指導を行う必要がある。

また、進路指導の充実のため、生徒に高等学校の訪問・見学、体験入学や、様々な職業の現場を見学・体験させたり、社会の各分野で活躍する人々を学校へ招いてその体験談を聞く機会を設けるなど、生徒の進路に関する啓発的な経験を充実させることが大切である。

このため、文部省では、平成6年度から、全国59の地域を指定し、「中学校進路指導総合改善事業」を実施している。この事業は、進路に関する啓発的な経験を地域ぐるみで推進し、入学当初から3年間にわたり、系統的、計画的な進路指導が行われるための実践的な研究を行うものである。

また、進路指導の改善と併せて、学校・学科の特色に応じた多様な選抜の実施や推薦入学の積極的な導入など、高等学校入学者選抜の改善を図るとともに、総合学科や単位制高校の設置、職業教育の活性化など高等学校教育の個性化・多様化を進めている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ