ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章   初等中等教育のより一層の充実のために
第3節   魅力ある高等学校づくり
3   スペシャリストへの道-職業教育の活性化-



(1) 職業教育の現状

高等学校の職業教育は、産業界各分野で必要な知識技術を修得させ、有為な職業人を育成するという面で重要な役割を果たしている。専門高校(従来の「職業高校」。(2)で詳しく説明。)の生徒数は、社会の高学歴化に伴う普通科志向や産業構造の変化等により漸減の傾向にあり、平成8年度では、約117万人である。また、高等学校の生徒数全体に占める割合は、昭和40年代半ばまでは約40%であったが、平成8年度には、約26%となっている。

平成6年度から実施されている学習指導要領においては、産業社会の変化に適切に対応するため、情報関連科目の充実や問題解決能力の育成に役立つ「課題研究」の新設等、各教科・科目の内容の改善を図った。


(2) 職業教育の活性化へ向けて

文部省では、職業教育の一層の活性化を図るため、平成6年4月から「職業教育の活性化方策に関する調査研究会議」において検討を行ってきたが、7年3月に「スペシャリストへの道」と題する最終報告書を取りまとめた。この報告書においては、専門高校の3年間の教育は卒業後の継続的な教育を視野に入れて、「将来のスペシャリスト」となるための基礎・基本の修得に重点を置く必要があるという考え方が示された。主な内容としては

1) 従来の「職業高校」という呼称を「専門高校」と改めること、
2) 専門高校から大学等へ進学する方策の充実

等が盛り込まれている。

文部省では、これを受けて、 等の種々の施策を行っている。

1) 平成8年度大学入学者選抜実施要項における専門高校卒業生選抜及び平成9年度大学入学者選抜実施要項における総合学科卒業生選抜の導入、
2) 「専門高校等と産業界との連携推進事業」の実施

(3) 施設・設備の基準の改訂

文部省では、産業教育振興法に基づき、昭和27年から高等学校における実験実習用施設・設備の整備充実を図っている。産業社会の技術革新、新学習指導要領の実施、総合学科の創設等に伴い、基準施設・設備の内容の高度化、カリキュラムの変化に対応した柔軟な基準の構成方法等について昭和51年以来18年ぶりに見直しが行われ、平成6年6月に、理科教育及び産業教育審議会の答申を受け、産業教育振興法施行令等の改正を行った。


(4) 全国産業教育フェア

高等学校における産業教育の一層の振興を図るため、平成3年度から「全国産業教育フェア」を開催している。これは、専門高校の生徒の研究発表、作品展示、実演等を行い、専門高校の魅力を紹介するものである。8年度は10月に山形県で開催した。このような活動を通じ、多くの人々の産業教育に対する理解が一層深まることが期待される。

「フラワーアレンジメント」に熱心に取り組むお年寄り達と高校生


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ