ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   生涯学習社会の課題と展望-進む多様化と高度化-
第3章   これからの生涯学習
第3節   「生きる力」をはぐくむ


生涯学習社会において積極的に対応していくためには、自分自身で考え、行動していく能力が必要である。

この点に関連して、第15期中央教育審議会は、平成8年7月19日、「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について」の第一次答申を取りまとめ、子どもたちに「生きる力」をはぐくむことの重要性を訴えた。

この「生きる力」について同答申は、「これからの子供たちに必要となるのは、いかに社会が変化しようと、自分で課題を見つけ、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、行動し、よりよく問題を解決する資質や能力であり、また、自らを律しつつ、他人とともに協調し、他人を思いやる心や感動する心など、豊かな人間性であると考えた。たくましく生きるための健康や体力が不可欠であることは言うまでもない。我々は、こうした資質や能力を、変化の激しいこれからの社会を[生きる力]と称することとし、これらをバランスよくはぐくんでいくことが重要であると考えた。」としている。

さらに、同答申は、「[生きる力]をはぐくむということは、社会の変化に適切に対応することが求められるとともに、自己実現のための学習ニーズが増大していく、いわゆる生涯学習社会において、特に重要な課題であるということができよう。」とし、生涯学習社会における「生きる力」の重要性を指摘している。

このような「生きる力」は、学校において組織的、計画的に学習しつつ、家庭や地域社会において、親子の触れ合い、友達との遊び、地域の人々との交流などの様々な活動を通じて根づいていくものであり、家庭・学校・地域社会の連携とこれらにおける教育がバランスよく行われる中で豊かに育っていくものである。

したがって、「生きる力」をはぐくむためには、各種の青少年活動を一層活発にするとともに、家庭・学校・地域社会の連携・協力を強化することが極めて重要である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ