ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   生涯学習社会の課題と展望-進む多様化と高度化-
第3章   これからの生涯学習
第2節   高度で体系的・継続的な学習機会を充実する
1   学習機会の充実に向けて


第1節では、学習活動が多様化している状況への対応について述べたが、その中でも今後特に重要な課題となるのは、高度で体系的・継続的な学習機会の充実であろう。これについては、学習機会の提供に携わっている様々な機関や団体がそれぞれの立場で取り組むべきものと言えるが、例えば、市町村における学習機会の提供体制を見ても、学習課題によっては、指導者の確保やプログラムの問題があり、従来の枠組みでは対応に限界があることも否定できない。前節で述べたとおり学習提供に関連する機関の連携・協力体制の整備を進めるとともに、高等教育機関をはじめとする諸機関が一層その機能を発揮できるよう条件を整備していく必要があろう。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ