ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
  阪神・淡路大震災における文部省の対応について
1   被害状況と地震発生直後の緊急対策
(4)   児童生徒学生の入試、卒業、就職等のための措置
(イ)   高校入試の円滑な実施


兵庫県教育委員会では、公立高等学校の入試について、出願期間の延長、提出書類や試験場についての配慮、特別の受験機会の設定等の措置をとった。私立高等学校においても、入試日程や選抜方法等の変更が行われた。

また、被災地を離れて他の地域の高等学校を受験する生徒も予想された。このため、全国の都道府県教育委員会等に対し、出願期間や提出書類の取扱い等についての弾力的な対応を求めるとともに、被災した生徒のための特別の受験機会の確保、収容定員を超えた受入れなど特別の配慮を要請した。これにより、全都道府県において、被災した生徒に対する配慮がなされた。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ