ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第9章   新しい文化立国を目指して
第7節   文化財を後世に伝えるために
5   無形文化財、民俗文化財の保存・伝承



(1) 無形文化財

歌舞伎、能楽、文楽等の芸能、陶芸、染織等の工芸技術などの無形の文化的所産のうち重要なものを重要無形文化財に指定し、併せてそれを体現する者を保持者(いわゆる「人間国宝」)又は保持団体として認定している。平成7年5月には、芸能関係では琵琶、常磐津節浄瑠璃及び古典落語、また、工芸技術関係では白磁、三彩、羅及び鍛金を重要無形文化財に指定し、それぞれ1名ずつを重要無形文化財の保持者として認定するとともに3名を追加認定した。さらに、工芸技術関係では「小鹿田焼」を重要無形文化財に指定し、小鹿田焼技術保存会をその保持団体として認定した。

文化庁では、重要無形文化財保持者に対し、技の錬磨向上と伝承者の養成のための特別助成金を交付するとともに、保持団体等が行う伝承者養成事業等に対して補助を行っている。また、平成6年度より伝統文化後継者養成のための支援方策について調査研究を実施している。


(2) 民俗文化財

風俗慣習、民俗芸能及びその他の民俗文化財については、無形のものと有形のものとに分けて、それぞれ特に重要なものを重要無形民俗文化財又は重要有形民俗文化財に指定している。平成6年12月には、江戸の里神楽など4件を重要無形民俗文化財に、上州の小正月ツクリモノなど2件を重要有形民俗文化財に指定した。

民俗文化財は、日常生活に基盤を置くものであることから、戦後の急激な社会開発、生活様式の変化により、近年、急激に消滅変貌する傾向にある。このため、文化庁は、重要有形民俗文化財の保護のための修理、防災、収蔵庫の建設及び重要無形民俗文化財の保存団体が行う伝承・公開事業等に対して補助を行っている。平成5年度からは、重要有形民俗文化財についての製作法や使用法などを具体的な生産活動や物作りなどを通して体験し、記録する事業及び重要無形民俗文化財である祭礼行事や民俗芸能等に使用する用具や衣装、施設などの修理新調経費に対して補助を行っている。


(3) 文化財保存技術

木造彫刻や建造物の修理など伝統的な技法による製作・修理技術、漆や屋根瓦、蒔絵筆等の原材料・用具等の生産・製作技術等のうち保存の措置をとる必要のあるものを選定保存技術として選定し、併せてその保持者又は保存団体を認定している。

平成7年5月には、表装建具製作や能楽小鼓(胴・革)製作修理など5件を選定保存技術に選定し、そのうち4件についてそれぞれ1名ずつをその保持者を認定するとともに、装こう修理技術の保存団体の認定を行った。

文化庁は、これらの技術の保存のため、技術の維持向上、後継者の養成事業、記録作成に対する補助等を行っている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ