ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第9章   新しい文化立国を目指して
第5節   著作権の適切な保護の促進
2   著作権保護意識の向上


文化庁では、図書館職員や都道府県の著作権関係事務担当者、あるいは広く国民一般を対象とした著作権に関する講習会を毎年全国で開催している。さらに、著作権思想の普及・啓発を主な目的とする(社)著作権情報センターと連携して、著作権に関するパンフレットの作成・頒布等を行っている。

また、平成7年3月には、コンピュータ・プログラムの違法コピーを防止し、著作権保護の徹底を図るため、学校や企業におけるソフトウェアの管理方法及び管理体制の在り方を解説した「コンピュータ・ソフトウェア管理の手引(学校編)」を作成し、全国の小・中・高等学校等に配布した。なお、本事業は3年計画であり、7年度は大学等、8年度は企業を対象としたソフトウェア管理の手引書を作成する予定である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ