ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第7章   学術研究の振興
第8節   発信型の学術国際交流の推進
1   学術国際交流の重要性


近年の社会全般にわたる国際的な相互依存関係の深化や学術研究の大型化・高度化は、国際交流・協力の必要性をますます強く意識させている。また、我が国に対しては、経済力の拡大や学術研究水準の向上に伴い、学術研究を通じた国際社会への貢献が強く期待されるようになっている。こうした状況の中で、平成6年7月に学術審議会により取りまとめられた「学術国際交流の推進について(建議)」では、学術国際交流推進に当たっての基本的考え方として、

1) 国際的に高度な水準を有する国内研究基盤の整備、
2) 外国人研究者受入体制の整備充実、
3) 発信型の学術国際交流推進

の3点が提言されている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ