ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第7章   学術研究の振興
第6節   基礎研究の重点的な推進
10   新プログラム方式による研究


平成元年7月の学術審議会の建議「学術研究振興のための新たな方策について-学術の新しい展開のためのプログラム-」を踏まえ、最近の学術研究をめぐる動向に的確に対応して進めるべき研究分野を機動的、弾力的に定め、重点的に研究者、研究費等を投入し、グループ研究の推進や共同研究体制の整備を図ることにより、学術研究の発展の基礎となるような研究を推進している(新プログラム方式)。

平成7年度は、「高感度レーザー干渉計を用いた『重力波天文学』の研究」、「東アジアにおける地域の環境に調和した持続的生物生産技術開発のための基盤研究」、「ユーラシア社会の人口・家族構造比較史研究」等13テーマの研究を進める。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ