ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第7章   学術研究の振興
第6節   基礎研究の重点的な推進
9   南極地域観測事業の推進


我が国の南極地域観測事業は、文部省に「南極地域観測統合推進本部」(本部長:文部大臣)を置き、関係省庁の協力を得て、国立極地研究所が中心となって実施している。南極での活動は南極条約に基づいて行われており、関係国が年1回南極条約協議国会議を開催し、今後の方針を協議している。

我が国は、昭和31年に第1次観測隊が出発して以来、オーロラ発生機構の解明、南極隕石の発見等多くの成果をあげている。現在は第36次観測隊が昭和基地を中心に、海洋、気象、電離層等の定常的な観測のほか、地球規模の気候・環境変動の解明を目的とした「氷床ドーム深層掘削観測」や「南極大気化学観測」等を実施している。さらに、第37次観測隊は平成7年11月に南極観測船「しらせ」で出発する予定である。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ