ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第7章   学術研究の振興
第6節   基礎研究の重点的な推進
6   生命現象を解明する-生命科学-



(1) バイオサイエンス研究

バイオサイエンスは、生命現象をdnaやタンパク質等の分子レベルで物理学的、化学的に解明する科学として発展しており、遺伝や、細胞機能から、ヒトの脳機能、さらには精神活動の理解にまで及ぶ可能性を持つものである。また、21世紀に向けて、医療、農業等の分野で豊かな応用成果を人類にもたらすものとして期待されている。

文部省では、学術審議会建議「大学等におけるバイオサイエンス研究の推進について」(昭和61年2月)を受けて、科学研究費補助金により研究を推進している。また、大学等における生物遺伝資源確保のための動植物の系統保存事業の充実、遺伝子実験施設の計画的整備、関係学部学科や大学院の整備充実を図っている。


(2) 組換えdna実験

組換えDNA実験とは、人為的に異種の遺伝子(DNA)を切断したり結合させたりすることによって組換え分子を作成し、それを組み込んだ細胞や個体を増殖させたり、DNA情報がどのように発現するかを明らかにしたりするものである。文部省では、組換えDNA実験の環境等に与える影響を考慮して、「大学等における組換えDNA実験指針」(平成6年文部省告示第80号)を定め、安全性の確保に努めている。


(3) 遺伝子治療臨床研究

遺伝子治療とは、遺伝子または遺伝子を導入した細胞を人の体内に投与することにより疾病の治療を行うものであり、現在有効な治療法の乏しい疾患に対する画期的な治療法として期待されており、既にアメリカ等では一部実施に移されている。

文部省では、遺伝子治療臨床研究の適切な実施の確保を図るため、平成6年4月「学術審議会遺伝子治療臨床研究専門委員会」を設けるとともに、「大学等における遺伝子治療に関するガイドライン」(平成6年6月告示)を定め、その実施に当たっては文部省の審査を経ることとした。その後、北海道大学から提出された遺伝子治療臨床研究の実施申請について、慎重な審査の後、7年2月に我が国初の承認を行った。北海道大学ではこれを受けて8月より遺伝子治療臨床研究を開始している。


(4) がん研究

我が国における国民の死亡原因の第1位を占めているがんの成因と本態を明らかにし、がんの予防、診断方法を確立するためには、大学等における基礎研究の推進が不可欠である。

文部省では、昭和59年から開始された「対がん10か年総合戦略」やそれに続く「がん克服新10か年戦略」等により得られた多くの成果を踏まえ、引き続き科学研究費補助金等によりがん研究の推進を図っている。


(5) エイズ研究

エイズは、根本的な治療法が確立されていない感染症であることから世界的に深刻な問題となっている。

文部省では、これまで科学研究費補助金等により、エイズウイルスの構造・機能解析、エイズウイルスの感染、免疫異常、病態、予防・治療等に関するエイズの基礎的研究を重点的に推進しており、今後も継続して研究を推進していくこととしている。


(6) ヒト・ゲノム解析研究

ヒト・ゲノムとは、人間の全遺伝情報を担う、24種の染色体一組のことであり、その構造と機能の解析は、学術的に大きな意義を持っている。また、重度の遺伝子病やがん・エイズなどの難治疾患の病態の解明や、新しい治療法の開発への応用が期待されており、現在世界的に研究が進められている。

文部省では、学術審議会建議「大学等におけるヒト・ゲノムプログラムの推進について」(平成元年7月)の趣旨を踏まえ、平成3年度から5か年計画で、科学研究費補助金等により、ヒト・ゲノムの構造及び機能の解析等の研究を進めてきた。8年度以降第II期のヒト・ゲノムプログラムについては、学術審議会特定研究領域推進分科会バイオサイエンス部会報告(平成7年4月)により、今後5か年にわたり推進することとしている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ