ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第7章   学術研究の振興
第2節   学術研究を支える研究費や設備の充実
4   卓越した研究拠点(coe)の形成


21世紀に向けて我が国の学術研究の新たな展開を図るためには、学術研究基盤の全般的な整備に努めるとともに、特定の研究組織について重点的整備を行うなど、創造性豊かな世界の最先端の学術研究を推進する卓越した研究拠点-センター・オブ・エクセレンス(COE)-の形成が必要である。

平成4年7月の学術審議会答申においても、COE形成が強く望まれると指摘されたところであり、同審議会は、COE形成のための具体的な方法について検討を行い、6年7月に「卓越した研究拠点(センター・オブ・エクセレンス)の形成について」の中間まとめを行った。

これらを受け、平成7年度においては、COE形成を支援する経費として、研究費、施設・設備費、特別研究員・外国人特別研究員経費等92億円を新規に計上し、COEを目指して自ら努力を行っている研究機関や研究組織を積極的に支援する。

なお、学術審議会は、中間まとめに対する関係団体等の意見を踏まえcoe形成のための施策等について更に検討を進め、平成7年7月に同名の建議を行った。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ