ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章   初等中等教育のより一層の充実のために
第5節   幼児期にふさわしい教育の推進
2   一人一人に行き届いた教育の推進


文部省では、幼稚園教育の充実を図るため、幼児一人一人に行き届いた教育が行われるよう、次のような施策を行っている。


(1) 教育内容等の改善

幼稚園教育要領において、幼稚園教育は環境を通して行うことを基本とし、幼児一人一人の発達の特性を生かした指導等を重視することとされている。現在、この円滑な実施のための講座・研究集会等の開催や指導資料の作成等を行っている。

さらに、幼児教育の在り方全般について、都道府県等への研究委託、研究指定校での研究等を行っている。


(2) 教育環境の整備充実

幼稚園教育要領の趣旨を踏まえた人的・物的教育環境の整備充実の在り方について検討していた「幼稚園の教育環境に関する調査研究協力者会議」が平成6年12月に出した報告を受け、7年2月に幼稚園設置基準を一部改正し、

1) 1学級の幼児数を40人以下の原則から35人以下の原則へ引き下げ、
2) 平屋建の原則を二階建以下の原則に緩和、
3) 園具・教具に関する規定の大綱化

等を行い、同年4月から施行した。

友達と一緒に(宇都宮大学教育学部附属幼稚園)


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ