ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章   初等中等教育のより一層の充実のために
第3節   一人一人を大切にする生徒指導・進路指導を目指して
2   いじめの問題など生徒指導上の諸課題の状況


最近の学校における児童生徒の問題行動等の状況は、平成6年末中学生がいじめを苦に自殺するという痛ましい事件が発生したほか、同年12月から7年2月にかけて行われた総点検の結果、新たに多くのいじめが報告されるなど、いじめの問題が憂慮される事態となっている。また、登校拒否児童生徒数は年々増加しており、また、校内暴力はここ数年増加する傾向にある。他方、高等学校中途退学者は、依然として相当数にのぼっており、これらの問題の解決は、現在の大きな教育課題となっている。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ