ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第3章   初等中等教育のより一層の充実のために
第1節   主体的に生きる力を育てる教育の展開
3   豊かな心の醸成-道徳教育・ボランティア教育の充実-



(1) 道徳教育の重要性

道徳教育は、児童生徒が、人間としての在り方を自覚し、人生をより良く生きるために、その基盤となる道徳性を育成するものである。教育が人格の完成を目指して行われるものである以上、道徳教育は学校教育の基本にかかわるものと言える。

特に近年では、子どもたちを取り巻く環境が大きく変化し、また、道徳性の問題を想起させるような様々な社会問題も発生しており、家庭や地域社会とも十分に連携しながら、道徳教育の一層の充実を図ることが求められている。

このため、現行学習指導要領では、児童生徒の道徳性の発達等を考慮して、内容の再編成、その重点化及び各教科・特別活動における指導の充実など、道徳教育の大幅な改善を図っている。


(2) 文部省における道徳教育関連施策

文部省では、この現行学習指導要領の趣旨の具体化を図り、道徳教育の一層の充実に努めるため、次のような様々な施策を進め、その振興を図っている。

・ 道徳教育推進校の指定
・ 都道府県における道徳教育振興会議の設置
・ 市町村道徳教育推進事業の実施
・ 教員及び教育委員会の指導主事等を対象とする講座の開催
・ 道徳教育用教材の開発
・ 伝統文化教育推進事業(平成7年度から)

(3) 伝統文化教育の推進

文部省が、平成5年度に、全国の小・中学校を対象として行った道徳教育推進状況に関する調査結果によると、全体としては道徳教育の充実が図られている状況がうかがわれるが、我が国の伝統文化を大切にし郷土や国を愛する心の育成が十分でないこと、そして、特に地域の伝統芸能や伝統工芸などに触れる体験活動があまり取り入れられていないことなどが示された。

この調査結果を踏まえ、文部省では、平成7年度から新たに「伝統文化教育推進事業」を実施している。本事業は、次代を生きる児童生徒が、学校教育の場において、地域の伝統文化に触れ、それを体験する活動の機会を持つことにより、文化と伝統に対する理解を深め、尊重し、さらに継承、発展させる態度の育成を図ることを目的としている。事業の内容としては、各都道府県において地域の伝統文化を生かした教育のできる地域を伝統文化教育推進地域として指定するとともに、各推進地域内の小・中・高等学校を伝統文化教育推進校として指定し、各学校間で連携して、地域社会の協力の下に、伝統文化教育の推進を図るものである。


(4) ボランティア教育
(ア) ボランティア教育の意義と現状

近年、

1) 高齢化の進展等に対応し、福祉の重要性や高齢者・障害者に対する認識と理解を深めることや、他の人々に対する思いやりの心や公共のために尽くす心を養うこと、また、
2) 都市化、少子化、核家族化が進む中で生活体験の希薄化している児童生徒が、体験を通して勤労の尊さや社会に奉仕する精神を養うこと、

などがこれまで以上に重要となってきている。

各学校においては、地域での清掃活動、公共の場での花壇や花づくり、老人ホームでの奉仕活動をするなど、地域の実情に応じ、様々な取組が進められているが、今後、更にその促進を図ることが求められている。


(イ) ボランティア教育推進のための施策

学習指導要領において、社会奉仕の精神を養い、公共の福祉と社会の発展に尽くそうとする態度を育成することを重視して、例えば、特別活動で奉仕的行事を明示するなど、内容の一層の充実を図るとともに、これらの趣旨を徹底するために、文部省では、次の施策を行っている。

・ ボランティア教育研究協議会の開催
・ 指導実践事例等を掲載した指導資料の作成
・ いきいき体験活動モデル推進事業

前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ