ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第2章   生涯学習社会の構築を目指して
第5節   生涯学習とボランティア活動
1   生涯学習とボランティア活動の関連


生涯学習とボランティア活動の関連は、次の三つの視点からとらえることができる。

1) ボランティア活動そのものが自己開発、自己啓発につながる学習の場であるという視点
2) ボランティア活動を行うために必要な知識・技術を習得するための学習活動があり、学習成果を生かし、深める実践としてボランティア活動があるという視点
3) 人々の学習活動を支援するボランティア活動によって、生涯学習の振興が一層図られるという視点

また、その推進を図っていくための課題として、

1) ボランティア活動をめぐる社会的文化的な風土づくり、
2) ボランティア層の拡大と活動の場の開発、
3) 情報の提供と相談体制の整備充実、連携・協力の推進、
4) 事故等への対応と過剰な負担の軽減のための支援、
5) 企業における課題、
6) 評価に関する課題、

などを示している。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ