ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第2章   生涯学習社会の構築を目指して
第1節   生涯学習社会とは何か
3   文部省の役割


文部省は、多様な学習活動を総合的に推進し、生涯学習社会を構築していくため、生涯学習局において、学校教育、社会教育、文化、スポーツの振興を総合し、生涯学習振興のための施策の全省的な推進・調整を図っている(2-2-1 )。また、生涯学習に関係する行政機関との連携・協力に努めている。

平成2年6月に制定された「生涯学習の振興のための施策の推進体制等の整備に関する法律」(いわゆる生涯学習振興法)は、生涯学習の振興に関する初めての法律である。同法に基づき、文部省に生涯学習審議会を置くこととされ、2年8月に発足した。

同審議会は、平成4年7月に「今後の社会の動向に対応した生涯学習の振興方策について」を文部大臣に答申し、生涯学習振興の基本的考え方と当面対応すべき課題についての方向を示した。

平成7年4月には第3期の審議が開始され、

1) 地域における諸施設の生涯学習機能の充実方策、
2) 学習成果の活用方策

の2点について調査審議が行われている。

2-2-1 生涯学習社会を目指す取組


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ