ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第2章   生涯学習社会の構築を目指して
第1節   生涯学習社会とは何か
1   生涯学習の必要性


21世紀に向かい、豊かで活力ある社会を築いていくためには、「人々が、生涯のいつでも、自由に学習機会を選択して学ぶことができ、その成果が適切に評価される」ような生涯学習社会の構築を目指していくことが重要である。

生涯学習社会の構築が必要となってきた社会的背景としては、次のような点が指摘されている。

1) 学歴社会の弊害 いわゆる学歴社会の弊害を是正するためには、形式的な学歴によらずに、生涯の各時期の学習の成果が適切に評価される社会を目指すことが求められていること。
2) 社会の成熟化に伴う学習需要の拡大 所得水準の向上、自由時間の増大、高齢化等、社会の成熟化に伴い、心の豊かさや生きがいのための学習需要が増大していること。
3) 社会・経済の変化に対応するための学習の必要性 科学技術の高度化、情報化・国際化、産業構造の変化等、社会・経済の変化に伴い、人々が絶えず新しい知識・技術を習得することが必要になっていること。

学習は、学校教育や社会教育の中で、意図的・組織的な学習活動として行われるだけではなく、スポーツ活動、文化活動、趣味、レクリエーション活動、ボランティア活動などの中でも行われるものである。また、これらの活動の場も、小・中・高等学校、大学などの高等教育機関、公民館、図書館、博物館、文化施設、スポーツ施設、カルチャーセンター、企業・事業所など多岐にわたっている。生涯学習は、人々の生涯を通じてこれらの場で展開される多様な学習活動を包含するマスターコンセプトということができる。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ