ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
2部   文教施策の動向と展開
第1章   文教施策の総合的推進
第1節   新しい時代の要請にこたえる文教施策
1   社会変化と文教行政-変化への対応と不変の価値の追求と-


我が国は、国際化、科学技術の発展、情報化、産業・就業構造の変化、少子・高齢社会への移行、労働時間の短縮と自由時間の増加、女性の社会進出など、広範で急速な社会変化を経験しつつある。こうした変化に対応しつつ、創造的で活力ある、文化の香り高い社会を形成し、国際社会で積極的にその役割を果たすとともに、国民一人一人が生きがいと潤いをもって充実した生活を営む生活者重視の国づくりを進めていく上で、教育・学術・文化・スポーツの果たす役割は極めて大きい。

このような中で、文教行政に求められる基本的な面の一つは、変化への柔軟で創造的な対応である。例えば、国際化の進展に対応しつつ我が国が国際的な責任を果たしていくためには、国際社会に生きる日本人としての資質を養うとともに、人類の知的共有財産の創造としての学術研究や国際的な視野に立った芸術創造活動の展開を図る必要がある。このため、教育・学術・文化・スポーツを通じた国際交流・協力への一層の取組が重要となっている。また、科学技術の発展、情報化の進展、産業・就業構造の変化に対応しつつ創造的で活力ある社会を築いていくためには、情報活用能力の育成、職業教育・技術教育の充実、社会人の学習機会の充実、大学と地域・社会との連携協力の促進、生涯学習や学術研究に関する情報システムの構築、著作権制度の整備等が重要となっている。さらに、少子・高齢社会への移行、自由時間の増加、女性の社会進出などの社会の変化に対応しつつ、生きがいと潤いのある国民生活を実現していくためには、明るく活力ある広い意味での福祉社会の実現を図っていく必要がある。このため、ボランティア活動の支援・推進、地域文化・生活文化の振興、生涯スポーツの推進など、生涯にわたって生きがいづくりを支援する多様な学習機会の整備、家庭・地域の教育機能の向上や、教育費負担の軽減、福祉社会を支える基礎研究の充実等が重要となっている。

他方、文教行政は、時代を超えて変わらない価値の追求というもう一つの基本的な面を持っている。知・徳・体にわたる人間形成(教育)、真理の探究(学術)、精神と身体を通じた人間の本源的欲求の実現(文化、スポーツ)といった基本がこれに当たり、これらに対する国民のニーズは極めて大きいものと言えよう。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ