ここからサイトの主なメニューです
前(節)へ  次(節)へ
1部   新しい大学像を求めて-進む高等教育の改革-
  資料 諸外国の大学改革
5   ロシア
(3)   大学の管理運営機構の変化と裁量権の拡大


従来、大学は、学長を通じて中央政府が直接管理する仕組みになっていたが、ペレストロイカ期に、大学の合議制の決定機関として教職員や学生代表などから成る大学総会及び大学評議会が創設され、大学の裁量権が拡大されるとともに、管理運営の民主化が図られた。これにより、各大学は、学長の選出、教育・研究活動、講座等の設置・管理、教員人事、財政運営など管理運営の全般について審議、決定できるようになった。


前(節)へ  次(節)へ

ページの先頭へ   文部科学省ホームページのトップへ